Mamemiso diary

アメリカの醤油を食べ比べ【キッコーマン vs ウォルマートの醤油】Soy sauce tasting Kikkoman vs Walmart

アイキャッチ画像

アメリカでは様々なブランドの醤油が手に入ります。そこで今回は、キッコーマンの醤油と、大型スーパーのウォルマート(Walmart)のプライベートブランド醤油を比較してみました。

 

キッコーマン vs ウォルマート の醤油

2種類の醤油

今回比較をしてみたのが、こちらの2種類。が大型スーパーWalmartのプライベートブランド「Great value」の醤油Kikkomanの醤油です。これ以外にも、アメリカでは各種スーパーのプライベートブランド醤油や、中華料理調味料ブランド「李錦記」の醤油など、様々な醤油(soy sauce)が手に入ります。

 

 

 お値段

お店の棚

まずはお値段比較。今回はWalmartブランドの商品と比較するので、Walmartでの小売り価格を比較しました。

  • Kikkoman : $2.54(15 fl oz)(約444 ml)
  • Walmart   : $1.32(15 fl oz)(約444 ml)

結果、Kikkomanの方が倍近く値段が高いです。

 

成分と特徴

成分表

次に、それぞれの成分表を比較してみました。どちらも一食分大さじ1(15ml)あたりの表示となっています。違いのある部分を一覧にしました。

 

  Kikkoman

    ・カロリー(Calories) :10 cal

    ・塩分(Sodium)   :960 mg (42%)

    ・たんぱく質(Protein):2 g

  Walmart

    ・カロリー(Calories) :5 cal

    ・塩分(Sodium)   :900 mg(39%)

    ・たんぱく質(Protein):1 g

結果、カロリー、塩分、たんぱく質の全てでKikkomanが上回りました。特にカロリーはWalmartに比べてKikkomanが2倍でした。

 

 

walmartの醤油成分表示拡大

次に、もう少し細かい表示まで確認していきます。

 

  Kikkoman

    ・伝統醸造(traditionally brewed)

    ・防腐剤不使用(no preservatives added)

  Walmart

    ・天然醸造(naturally brewed)

    ・防腐剤として安息香酸ナトリウムを含む

      (sodium benzoate as a preservative)写真の下線部参考

防腐剤の有無が異なりました。醸造方法については、言葉だけで詳細は確認できませんが、Kikkomanのホームページによると数か月熟成となっています。Walmartブランドについては確認できませんでした。

 

 

味と香り

2種の醤油比較

ここからは主観になってしまいますが、筆者の感じたそれぞれの醤油の違いについてまとめてみます。(写真は左:Kikkoman、右:Walmart)

 

  Kikkoman

    ・色 : 透き通る濃い赤

    ・香り: 濃い(醸造されていると感じる)

    ・味 : コクのある味

  Walmart

    ・色 : Kikkomanに比べると若干薄い

    ・香り: 薄い

    ・味 : 塩味が強い(コクは少なく、塩っぽい味)

 

結果、日本人として食べ慣れている美味しい醤油は格段にKikkomanでした。直接味見すると特に味の違いが明確でした。料理に使えば、違いは分かりにくくなると思われます。試しにWalmartサイトのレビューを見てみると、「Kikkomanは味が強すぎる」「Walmartの醤油と高い醤油の違いが分からない」などのレビューも見つけたので、美味しさの判断は個人の好みだなと思います。

 

 

まとめ

今回はアメリカでキッコーマンの醤油と、大型スーパーWalmartのプライベートブランドの醤油を食べ比べしました。値段、成分、味、全てに違いがありました。今回は2種類しか比較しませんでしたが、醤油選びの参考にしてみて下さい。ちなみに、キッコーマン醤油は、コストコで大きめサイズを購入するとよりお得になります。

 

 

*合わせて読みたいアメリカでの日本食材探しの記事*

ブログランキングに参加してます。

醤油の食べ比べが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ