Mamemiso diary

洗い流さないトリートメントは英語でLEAVE-IN TREATMENT

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。先日ドラッグストアで「洗い流さないトリートメント」は英語で何というのだろう?という疑問が。答えは「LEAVE-IN TREATMENT」。そんなヘアケア関係の英語をまとめてみました。

 

LEAVE-IN TREATMENTとは

reave-in treatment

「洗い流さないトリートメント」を英語では「LEAVE-IN TREATMENT」と呼びます。直訳すると「残しておくトリートメント」ですね。こちら先日買ったトリートメントの写真ですが、しっかり「LEAVE-IN」と表記されています。

同様に「洗い流さないコンディショナー」は「LEAVE-IN CONDITIONER」となります。

 

リンスは英語で「CONDITIONER」

シャワー

日本では「シャンプー」の後に使うものを「リンス」と呼びますが、英語の「rinse」にこの「リンス」の意味はありません。日本でいうリンスは英語で「conditioner(コンディショナー)」になります。「rinse」は「すすぐ」という意味なので、お店で「rinse」が欲しいと言っても通じないということです。

 

髪に関する英語

 髪の長い女性

今回購入したトリートメントの記載内容をもとに、髪(hair)に関する英語をまとめてみました。

 

  • シャンプー         Shampoo
  • リンス、コンディショナー  Conditioner
  • トリートメント       Treatment

 

髪の毛(hair)

  • くせ毛     curly hair
  • 縮れた髪    frizz hair
  • うねった髪   wavy hair
  • もつれた髪   detangle hair
  • 枝毛      split ends

 

トリートメントの説明書きを一部紹介すると・・・

「Multipurpose treatment that moisturizes, controls frizz, prevents split ends, creates silkiness and smooths hair」

「潤いを与え、縮れを抑え、枝毛を防ぎ、シルクのようなさらっとした髪に仕上げる多目的トリートメント」実際使ってみるとココナツの香りが強いですが、ベタつかず、使い心地は良いです。

 

まとめ

トリートメントやコンディショナーの「洗い流さない」は「LEAVE-IN」と表記されます。アメリカに「リンス」は無いので気を付けましょう。英語が苦手でも新しい商品を探しに行きたい方に、少しでも役立ちますように。

 

 

*合わせて読みたい日常生活で見つけた英語の記事*

 

ブログランキングに参加してます。

気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ