Mamemiso diary

アメリカで車のオイル交換 | チェーン店Firestoneにて

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。今回はアメリカで車のオイル交換をした方法についてレポートします。自動車整備のチェーン店「Firestone」を利用してみました。

 

自動車整備のチェーン店「Firestone」

firestoneの外観

オイル交換をするためのお店を探していた時に、友人に教えてもらったのが「Firestone complete auto care」でした。こちらは1926年から続く自動車整備のお店です。アメリカ全土に約1700店舗も展開されており、町中でも頻繁にこのロゴを見かけます。自動車修理、整備、タイヤ販売など、車に関するあらゆるケアをしてくれます。

 

Firestoneの予約方法

firestoneウェブサイト

店舗に直接行って手続きも可能ですが、事前に予約していけば簡単です。どの「firestone」の店舗もウェブサイトから予約ができます。公式サイトはこちらから。実際の予約画面の写真で、予約方法の流れを説明します。

 

 

予約メニュー選択

まずは、サービス内容を選択します。今回はオイル交換なので「OIL CHANGE」

 

 

車両情報入力画面

次に、車両情報を入力します。製造年、メーカー、モデル、サブモデルを入力します。

 

 

サービス選択画面

次に、サービス内容を選択します。すでに「OIL CHANGE」が選択されていますが、メニューを追加することもできます。

 

 

メニュー欄

このように、サービス選択ページを下へスクロールすれば、他のメニューの追加欄が出てきます。

 

 

店舗選択の画面

続いて、店舗とスケジュールを決定します。Zip Code(郵便番号)を入力すれば、お近くの店舗の候補がいくつか表示されます。各店舗の空きスケジュールが表示されるので、希望の時間のボタンを押します。

 

 

連絡先入力

最後に、お店とコンタクトをとるための連絡先情報を入力します。これでリクエスト完了です。予約が完了すると、電話かメールで店舗から直接連絡が入ります。

 

オイル交換に行ってみた

お店の様子

予約が完了すれば、あとは当日お店に車を運ぶだけです。この日は待合室で待っている人は誰もいませんでした。作業時間は約1時間とのことだったので、一旦帰宅しました。作業が完了したら電話でお知らせしてくれるので、あとはお支払い&車両の受け取りをしておしまいです。

 

アメリカでのオイル交換の頻度

お知らせシール

日本でのオイル交換の頻度と言えば、一般的には「5000キロ」もしくは「6か月」に1回と聞いていました。アメリカでも「3000マイル」(約4800キロ)に1回と言われているそうです。

今回オイル交換をした際に、次回のオイル交換目安のシールがフロントガラスに貼ってありました。これを見ると「5000マイル」(約8000キロ)走行後、ということになっています。日本に比べ日常から長距離走行なので、これが妥当な数字なのかもしれません。

 

まとめ

アメリカの自動車整備チェーン店「Firestone」でのオイル交換の方法についてまとめました。事前予約をしておけば、とてもスムーズに作業をしてもらえます。作業員の方も「他に気になることはないかい?」と丁寧にケアして下さり、質問にも答えて頂けました。ディーラー以外で自動車整備を検討している方の参考になればと思います。

 

 

*合わせて読みたいアメリカの車関係の記事*

ブログランキングに参加してます。

気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ