Mamemiso diary

アメリカ風チャイニーズレストランのパンダエクスプレス

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。今回はアメリカのチャイニーズレストランのチェーン店「パンダエクスプレス(PANDA EXPRESS)」の様子についてレポートします。

 

パンダエクスプレスとは

パンダエクスプレスの外観

パンダエクスプレス(PANDA EXPRESS)とは、アメリカ生まれのチャイニーズレストランです。赤いパンダのロゴが目印です。安価なファストフードの位置づけだと感じます。1983年にカリフォルニア州に1号店が出来てから、全国に広がっていきました。2016年には日本にも上陸しています。

 

注文方法

店内の様子

こちらが実際のお店の様子です。カウンターの中には全メニューの料理がずらり。料理を見ながら選べるのが良いです。もちろんオンラインオーダーでピックアップやデリバリーもできます。注文サイトはコチラから

 

 

メニューの種類

まずは注文サイズを選んでから、好きなメニューを選びます。メニューはメイン、サイド、前菜、スイーツ、ドリンクに分かれています。

 

 

注文サイズ

そして注文サイズによって、選べるメニューの数が変わります

  • Family Meal  サイド大2、メイン大3
  • Bowl  サイド1、メイン1
  • Plate  サイド1、メイン2
  • Bigger Plate  サイド1、メイン3
  • Kid's Meal  サイド小1、メイン小1、ドリンクandクッキー
  • A La Carte  サイドでもメインでも1種類から注文可

たとえば「Bowl」サイズなら約$6.5です。メニューによっては追加料金のあるものもあります。

 

お味は・・・

持ち帰りの箱

今回は、オンラインオーダーをしてお店にピックアップしに行きました。最も大きな「Family Meal」のセールをしていたので、挑戦してみました。

 

 

ファミリーミールの写真

ご覧の通り、ものすごい量です。ここにフォーチュンクッキーもついています。今回チョイスしたのは、サイドが「Chow Mein」「Fride Rice」、メインが「Honey Walnut Shrimp」「Kung Pao Chicken」「Beijing Beef」です。ちなみに「The Original Orange Chicken(オレンジチキン)」が人気メニューです。他のお客さんを見ていると8割以上の人が注文していました。

 

 

メインの料理

こちら、メイン3品をお皿に盛った様子。これでも各々1/4くらいの量です。メインのお味は予想以上に美味しかったです。辛いメニューは本格的な辛さでした。エビもプリっとしていました。ただしサイドの焼きそばとチャーハンは、どちらもパサパサでした。特に焼きそばは注文時に一緒にもらえるチリソースなどをかけた方がいいかもしれません。チャーハンは、翌日に炊いた白米と混ぜて新しいチャーハンにリメイクしました。

 

まとめ

パンダエクスプレスはアメリカ生まれのチャイニーズレストランでした。安価なりにメインメニューは本格的な辛さで美味しかったですが、サイドメニューは日本人舌の私にはちょっぴり残念でした。日本のパンダエクスプレスの様子が気になります。

 

 

*他にもトライしたレストランのお話*

ブログランキングに参加してます。

パンダエクスプレスが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ