Mamemiso diary

アメリカでの車のナンバープレート登録更新方法

 アイキャッチ画像

こんにちは、まめみそです。アメリカと日本の車検制度は異なります。ただしアメリカでも毎年車の登録更新(ナンバープレート、ライセンスプレートの更新)が必要です。今回はその流れについてジョージア州の場合で解説します。

 

車両(ナンバープレート)の登録とは

ナンバープレート

アメリカでは、毎年車両の登録の更新が必要です。ナンバープレート(ライセンスプレート)は州ごとに発行されるので、州によって手続き方法や検査内容が異なります。今回はジョージア州の場合で説明します。このナンバープレートはジョージア州の一例。名産品の桃のデザインになっています。

 

 

ナンバープレート隅っこ   登録シール

車の購入時など、車両の登録料を支払うと、有効期限の記載されたシールが送られてきます。これを車のナンバープレートに貼っておくことで、「この車両はちゃんと登録されているよ」と示せます。ちなみにこの有効期限が1日でも切れていると、警察に呼び止められます。(実際に知人が1日オーバーで止められました。)このナンバープレートの場合、右下の隅っこに貼る場所があります。(写真左:貼る前 | 写真右:貼った後)

 

 手続きの方法

手紙の封筒

一年に一度だけ必要な手続きなので、忘れてしまう心配がありますが、通常は期限が切れる1ヵ月前までに、更新のお知らせの手紙が届きます。こちらは実際の手紙の封筒です。このように「VEHICLE REGISTRATION RENEWAL NOTICE」と記載されています表示は。州ごとに若干異なるかもしれません。

 

サイトの画面

手紙を受け取ったら、オンラインで更新手続きができます。またタグオフィスや郵送などでも手続きができます。以下のような必要事項を入力することで、自分の車の登録状況や、登録料の支払いに進むことが出来ます。

 

入力情報例

  • ナンバープレートの番号
  • 車のVINナンバー
  • 免許証の番号
  • レターID(更新通知の手紙に記載されている番号)

ジョージア州の場合、こちらのサイトをご覧ください。他州の場合「Renew Vehicle Registration 州の名前」などで検索すれば、サイトがヒットすると思われます。

 

排ガス検査の結果が必要な場合

場合によっては「排ガス検査(Emissions Inspection)」の検査結果を提出する必要があります。検査方法については別記事で詳しく解説しています。また、ジョージア州以外の州では、他にも検査が必要な場合があるので、各州の情報を把握することをおすすめします。

 

まとめ

アメリカでは、毎年車の登録更新をする必要があります。お知らせの手紙は来ますが、手違いで届かないことも考えられるので、ちょっと注意が必要です。また排ガス検査はどこでも簡単に受けられるので、ご近所で探してみて下さい。

 

*合わせて読みたい車関連記事*

ブログランキングに参加してます。

ナンバープレートの更新が学びになった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ