Mamemiso diary

マスタードグリーン(Mustard greens)の特徴と食べ方 | アメリカで野菜を美味しく【写真あり】

アイキャッチ画像

アメリカで「からし菜」の一種である「マスタードグリーン(Mustard greens)」を食べています。そのお味などについて写真と共に紹介します。

 

 

マスタードグリーンとは

マスタードグリーン

マスタードグリーン(Mustard greens)とは、日本でいう「からし菜」の一種です。この写真のように、細かく縮れた柔らかい葉っぱが特徴です。

 

 

産地

Mustard greensの中でも、この「Curly Mustard」がアメリカでは最もメジャーでよく食べられています。スーパーでも簡単に見つけることができます。

 

お味や食べ方

葉っぱの様子

お味は・・・少し辛みがありますが、青臭さは少なくて食べやすいです。葉も薄くて柔らかいので、レタスなど他の野菜と共にサラダにして食べられます。

 

 

お浸しの様子

おひたしにして食べてみました。葉が薄いので一気にかさが減ります。少し辛みも抑えられますが、マスタードグリーンの味を楽しむなら、生のままサラダで食べた方が良さそうです。

 

まとめ

マスタードグリーンはからし菜の一種で、アメリカでもよく食されています。洗ってちぎるだけで簡単にサラダに取り入れられ、味のアクセントにもなるので、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。

 

*他にも試してみた野菜シリーズ

ブログランキングに参加してます。

マスタードグリーンが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ