Mamemiso diary

第二次大戦のバトルシップ見学「戦艦アラバマ」USS Alabama | アラバマ州観光スポット【アメリカ旅行レポ】

アイキャッチ画像

アメリカの南東アラバマ州にある戦艦アラバマ(USS Alabama)を見学してきました。第2次世界大戦で実際に使用されていた戦艦の内部をじっくり見て回ることができます。その様子を写真と共に紹介していきます。

 

戦艦アラバマメモリアルパーク(USS Alabama Battleship Memorial Park)

戦艦アラバマが見学できるのは、アラバマ州にあるUSS Alabama Battleship Memorial Parkです。Google Mapからも海に浮かぶ戦艦のシルエットが確認できます。この公園では、戦艦だけでなく、潜水艦、戦闘機、戦車なども展示されており、見ごたえ抜群です。

入場料

入場料は大人(12歳~54歳)$15、子ども(6歳~11歳)$6でした。チケットは事前にネットで購入することが可能です。コロナウイルスの影響などもあり、営業日や営業時間は変化する可能性があるので、詳しくは公式ホームページをご確認下さい。

 

戦艦アラバマ(USS Alabama)とは

戦艦アラバマの外観

今回見学した戦艦アラバマがこちら。この戦艦アラバマ(USS Alabama、別名BB-60)は、1940年に起工し、1943年から第二次世界大戦(WWⅡ)で使用されました。2500人の乗船が可能な45000トンの戦艦です。終戦後、1945年9月5日には東京湾へ入り、水兵の運搬にも従事しています。

 

遠くから見た戦艦アラバマ

ほとんどのアメリカ軍艦は戦後、耐用年数を超えて破棄されますが、戦艦アラバマは1965年から記念公園内で一般公開され、アラバマ州の観光スポットとなっています。

 

メモリアルパークの展示

戦車

このメモリアルパークでは、戦艦アラバマ以外にも多様な展示があります。外には戦車がずらり。第二次世界大戦だけでなく、ベトナム戦争などで使われたものたちの展示もあります。とても紹介しきれる量ではないので、一部抜粋して6枚の写真で紹介します。

 

戦闘機

航空機の展示も充実しています。こちらはスパイ任務の為、CIA(中央情報局)向けに製造された「偵察機A-12」です。時速3700キロで飛行できたそうです。

 

軍用車

他にも軍用車、制服、戦争の歴史など、屋内展示も充実しています。

 

潜水艦

また第二次世界大戦で使用されていた潜水艦(USS Drum Submarine、別名SS-228)にも、実際に乗り込んで見学することが出来ます。

 

魚雷装填の部屋

 最大役員8名、乗組員72名が乗船可能な大きな潜水艦です。戦艦に比べより複雑な構造であることが分かります。

 

魚雷

こちらは装填前の魚雷(Torpedo)の様子。実際に15隻の船を沈没させたそうです。

 

戦艦アラバマの見学

主砲台

続いて、戦艦アラバマに乗船、見学した様子を写真10枚で紹介します。さすが2500人が乗船し長旅をしていただけあり、内部は非常に広くて充実しているため、ほんの一部の紹介となります。

 

乗組員のベッド

こちらは下級乗組員の寝床。3段になっていて折り畳み式。トイレやシャワーも簡易的でコンパクトでした。

 

上級役員の部屋

こちらは上級役員の部屋。それぞれの階級により部屋のレベルがしっかり分かれていました。

 

パンの部屋

こちらはパンをこねる部屋。2500人×3食の胃袋を支えるだけあって、超巨大なキッチンがありました。主食はパンだったようで、パンこね部屋、パン用オーブンの部屋など、食事関係の部屋も充実していました。

 

散髪屋

こちらは散髪屋さん。長期間移動となるため、他にも洗濯部屋、アイロン部屋、医務室、手術室、歯科治療室、たばこなどの売店、鍛冶屋、工作機器室など、ありとあらゆる場所がありました。

 

特攻隊の説明

また戦艦アラバマは、4回特攻隊(KAMIKAZE)の攻撃を受けています。詳しい解説の部屋が設けられていました。

 

特攻隊の遺品

特攻隊員の遺品なども展示されていました。左は明治神宮のお守りでした。

 

撃ち落とした数

これは何の表示かと思えば、日本の戦闘機を撃ち落とした数の成績表だそうです。アメリカから見る世界大戦を感じることができたのは、貴重な体験となりました。

 

砲弾

こちらはずらりと並んだ砲弾です。こちらは長さ1mほどですが、他にも人間よりも大きな砲弾がぎっしり詰まった部屋もありました。

 

主砲台

こちらは首艦側から見た主砲台。45口径。(人が映っていないので大きさが分かりにくいですが)戦艦の全長が207mなので、とにかく全てが巨大で大迫力でした。(語彙力...)

 

まとめ

戦艦アラバマを見学できるメモリアルパークは、日本ではまず見られない展示物の宝庫でした。実際に使用されていた戦艦や潜水艦に乗船して、内部を見学できる機会は貴重でした。また普段考えられていない戦争について、今一度思いを巡らす良い機会にもなりました。アラバマ州にお越しの場合は、ぜひ訪れてみて下さい。

 

*他にもアメリカ旅行のお話*

ブログランキングに参加してます。

戦艦アラバマが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ