Mamemiso diary

生でも食べられるクッキー生地(Cookie Dough)食レポ【写真あり】

アイキャッチ画像

アメリカではクッキー生地を生のまま食べることも一般的です。そんな、市販されている生のまま食べられるクッキー生地の様子について紹介します。

 

生で食べられるクッキー生地(Cookie Dough)

パッケージ

アメリカには生のまま食べられるクッキー生地(クッキードウ、Cookie Dough)があります。アイスクリームのフレーバーなどでも「クッキー生地味」は定番です。また、生で食べられるクッキー生地のレシピ(Edible Cookie Dough Recipe)もネット上でたくさん公開されています。今回は手作りお菓子材料メーカーとして有名なPillsburyのCookie Doughを試してみました。

 

なぜ生でも食べられるのか

パッケージの説明

こちら冷蔵で販売されている、Pillsbury Cookie Doughは生でも食べることができます。パッケージにも「SAFE to Eat Raw」の表示が。生の小麦粉は食べるとお腹を壊してしまうイメージがありますが、なぜこの生地は生食可なのでしょうか。

 

  • Heat Treated Flower(加熱殺菌された小麦粉)
  • Pasteurized Eggs(低温殺菌された生食用卵)
  • Ready To Eat Maufacturing(生食用に工程や材料を改良)

生食用に殺菌された小麦粉や卵を使っているのが主な理由です。

この商品は生のままでも焼いても食べられます。同様に生でも食べられるブラウニー生地(Brownie Dough)という商品もあります。ただし生食用の表示が無い商品を生のまま食べてはいけません。また同メーカーでも「Pillsbury Poppins」という商品は、生のまま食べることだけを目的として作られており、焼くことができません。

 

生のクッキー生地のお味

 

生の生地

クッキー生地をパッケージから出した様子はこちら。チョコチップたっぷりの柔らかい生地です。お味は、予想以上に美味しい。小麦粉感は少なく、バターと砂糖たっぷりで、すこしザラリとした舌触りです。ほのかな塩味もあり、甘くとも食べやすい仕上がりになっています。

 

 

焼いて食べてみた

焼く前

この商品は焼いて食べることもできます。説明書きの通り、スプーンで生地を天板に乗せ、350℉(約177℃)で12分~15分焼きます。

 

 

焼き上がり

焼き上がりがこちら。近くに並べすぎてくっついてしまいました。バターが多いからか、よく広がりました。冷ましたらあっという間に完成です。

 

 

完成

簡単にチョコチップクッキーが焼けました。食感がザクザクではなく、サクサクとした軽めのクッキーに仕上がりました。お味は生の生地同様、甘くともほのかに塩味も感じられるものでした。

 

 

まとめ

アメリカでは生のクッキー生地を食べることがあります。市販されているものは生食用の表示があれば、焼かずに楽しむことができます。生食専用、もしくは生では食べられない商品もあるので、お試しの際には注意してみて下さい。

 

*合わせて読みたいアメリカで試した食べ物

ブログランキングに参加してます。

生のクッキードウが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ