Mamemiso diary

ジャズ発祥の地 ニューオーリンズ観光おすすめスポット【アメリカ旅行レポ】写真あり

アイキャッチ画像

アメリカのルイジアナ州にあるニューオリンズ(New Orleans)は、ジャズ発祥の地として知られる独特の文化に満ちた町。その魅力や見どころについて紹介します。

 

ニューオリンズ(New Orleans)とは

ニューオリンズ(New Orleans)は、アメリカ南部ルイジアナ州(LA州)の南に位置します。ミシシッピ川に面し、ジャズ発祥の地、また世界的に有名なカーニバル「マディグラ(Mardi Gras)」の開催地としても知られています。フランス、スペインの植民地時代を経て、ネイティブアメリカン、奴隷貿易、多国籍の移民など、様々な影響により文化のるつぼとなった、独特の雰囲気が漂う街です。

 

 

おすすめ観光スポット

ここからは実際の写真と共にニューオリンズ観光スポットを紹介していきます。

観光の中心「フレンチクォーター」

町と馬車

観光の中心となるのが旧市街地のフレンチクォーター(French Quarter)。この地区に見どころが集結しています。徒歩で回れる広さなので、観光に最適です。

 

 

建物

町並みの特徴は、2階のバルコニーが通りに張り出した建物が並ぶ光景です。フレンチクォーターという名前ですが、これらはスペイン統治時代に建てられた建物です。

 

 

建物 建物

どの通りにも、バルコニーの鉄レース細工が素敵な建物が並びます。建物はそれぞれ、レストラン、カフェ、バー、お土産店、アンティークショップ、ギャラリー、ホテルなどになっていて、ぶらりと歩き回るだけでも楽しめます。またニューオリンズで信仰されているブードゥー教(Voodoo)に関するグッズを扱うお店など、あまり馴染みのないお店にも巡り合えます。

 

 

馬車 ホテル

馬車で町中をめぐるツアーもあります。また、建物にはパティオと呼ばれる中庭も特徴的で、フレンチクォーター内のホテルに宿泊すれば、レトロな家の雰囲気を体験することが出来ます。

 

 

夜ににぎわう「バーボンストリート」

バーボンストリート

フレンチクォーターの中央を貫くのがバーボンストリート(Bourbon Street)です。ニューオリンズで最も有名な通りで、ライブハウス、ジャズバーなどが集まる賑やかな場所です。

 

 

ジャズのカフェ ジャズのカフェ

昼間からジャズの生演奏を楽しめるカフェなどもあります。ですが、やはりバーボンストリートが本気を出してくるのは日が暮れてきてから。

 

 

夜のバーボンストリート

夜になると音楽と人の多さで、より一層にぎやかになります。ただし、もう少しジャズ要素が強いのかと思いきや、クラブミュージックをガンガン鳴らして若者が踊りまくるお店が多いです。もちろんジャズの生演奏を楽しめるお店もあります。

 

 

優雅に「ミシシッピ川クルーズ」

クルーズ船

ミシシッピ川を優雅にめぐる観光クルーズがいくつかあります。こちらはナッチェス号(Natchez)。

 

 

船の中 ジャズ

ナッチェス号では、ミシシッピ川の眺めと、ニューオリンズ料理やジャズの生演奏を楽しむことが出来ます。昼と夜の運行があり、食事の有無も選ぶことが出来ます。

 

 

美しい「セントルイス大聖堂」

セントルイス大聖堂

セントルイス大聖堂(The St. Louis Cathedral)は、スペイン風の大聖堂で、現存するアメリカ最古の大聖堂と言われています。

 

 

大聖堂の中

カトリック教会のこちらは見学可能で、内部の壁画やステンドグラスも美しいです。

 

 

ステンドグラス ジャクソン広場

この大聖堂は、目の前のジャクソン広場(Jaclson Square)と合わせて、ニューオリンズのシンボルのひとつです。

 

 

地元を感じる「フレンチマーケット」

フレンチマーケットの入り口

200年以上の歴史を持つ市場フレンチマーケット(French Market)には、地元の果物や野菜、獲れたて牡蠣、お土産ショップなどのテナントが並んでいます。

 

 

市場の中 マディグラ

観光客向けには、有名なカーニバル「マディグラ」に関するグッズ店や、ケイジャン料理のスパイス専門店などがあります。

 

 

ニューオリンズ料理を食べ尽くす

大聖堂の前

ニューオリンズは食文化もユニークです。代表的なものがヨーロッパ系で都会風の「クレオール料理(Creole)」と、スパイシーで田舎風の「ケイジャン料理(Cajun )」です。どちらもフランス、スペインの植民地時代、またヨーロッパやアフリカからの移民の影響により発展した食文化です。ここからは、いくつかの名物料理を紹介します。

 

 

ジャンバラヤ

「ジャンバラヤ(Jambalaya)」は、肉汁と共にお米を煮たスパイシーなご飯。このプレートにあるスパイシーなソーセージの「アンドゥイユ(Andouille)」や、「Southern Fried Fish」と呼ばれるナマズ(Catfish)のフライも、名物料理のひとつです。ちなみにザリガニ(Crawfish)も定番です。

 

 

ガンボスープ

「ガンボスープ(Gumbo Soup)」は、スパイシーでとろみのある温かいスープ。お米が入っていることも多いです。肉から魚介まで、様々な種類があります。

 

 

ポーボーイ

「ポーボーイ(Po-Boy's)」は、フランスパンに、肉や魚介のフライと野菜などを挟んで、タバスコなどをかけて食べるサンドイッチです。お店によって特徴も様々。実は「タバスコ」はルイジアナ州発祥の調味料です。

 

 

牡蠣料理

生牡蠣はもちろん、牡蠣を使った料理も豊富です。左はほうれん草ソースの乗った「オイスターロックフェラー(Oyster Rockefeller)」、右はクリームソースの乗った「オイスタービエンビル(Oyster Bienville)」です。どちらも濃厚なお味。

 

 

ベニエ カフェ

「ベニエ(Beignet)」は、粉砂糖たっぷりの四角い揚げドーナツです。元祖のカフェ「カフェ・デュ・モンド(Cafe du Monde)」はいつでも行列。また一緒に飲まれる「チコリコーヒー(Chicory coffee)」は、焙煎したチコリの根が加えられたコーヒーで、フランス人によって開発されました。

 

 

定番のお土産

お土産屋さん

フレンチクォーターなど、いたるところにお土産ショップがあるので、お土産探しは難しくありません。ポストカードやTシャツには「NOLA」のロゴ(New Orleans Louisiana の略)が多くあります。

 

 

マディグラ ワニ

有名なカーニバル「マディグラ」に使われるカラフルな仮面や首飾りが豊富。またミシシッピ川で有名なワニグッズも多いです。

 

 

コーヒー スパイス屋

家でも「ベニエ」が楽しめるベニエミックスや、チコリコーヒーの粉も人気です。またケイジャン料理のスパイス専門店でお好みのスパイスを買うこともできます。

 

 

おまけの情報

路面電車 町並み

かわいらしい市電「St. Charles Streetcar」もニューオリンズの名物です。

 

 

結婚式パレード ミシシッピ川

愉快な演奏隊やダンサーと共に町を練り歩く「結婚パレード」に遭遇。にぎやかな町にぴったりの新郎新婦。道端のパフォーマーなど、面白い出会いのある町です。また、近くにはアウトレットもあり、ミシシッピ川を眺めながらのんびりお買い物を楽しむこともできます。

 

 

まとめ

ニューオリンズ(New Orleans)は、アメリカにありながらも独自の文化を発展させてきたにぎやかな町です。ジャズ発祥の地だけでは言い切れない、濃厚な魅力の詰まったニューオリンズ。その面白さが伝わればと思います。

 

 

*合わせて読みたいアメリカお出かけレポ

ブログランキングに参加してます。

ニューオリンズが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ