Mamemiso diary

アメリカらしさ全開イベント「モンスタージャム」の楽しみ方 | Monster Jam【写真付き】

アイキャッチ画像

巨大トラックが縦横無尽に走りまくる、迫力満点の「モンスタージャム(Monster Jam)」。アメリカらしさ全開のこのレースは、年間を通してアメリカ各地で開催されます。その楽しみ方について、実際の写真と共にご紹介します。

 

 

 

 

モンスタージャムとは

モンスタージャムの競技の様子

「モンスタージャム(Monster Jam)」とは、モータースポーツのイベントのひとつ。巨大なモンスタートラックが走り回るレースを、間近で見ることができます。このイベントはアメリカとカナダを中心に、様々な地域で開催されています。運営しているのは「ディズニー・オン・アイス」なども手掛けるフェルド・エンターテイメント(Feld Entertaiment Inc.)という会社です。詳しい情報はこちらの公式ページをご確認ください。

 

 

飛ぶように走るモンスタートラック

イベントの内容としては、巨大なモンスタートラック達が、3種類の競技でレースをします。

  1. レース(Racing) 1対1のスピード勝負
  2. スキルチャレンジ(Skills Challenge) 2輪だけでの技術勝負
  3. フリースタイル(Freestyle Competition)

それぞれの平均スコアが高い人が、その日の優勝者となります。また、その得点や順位を踏まえ、ドライバー達のパワーランキングが随時更新されていきます。

 

 

スケジュール

カレンダーのイメージ

このレースショーはアメリカの各地域を巡りながら開催されています。もしお近くの地域で開催されることがあれば、アメリカらしさ全開のイベントを楽しむチャンスです。アメリカ以外の開催地域も含め、詳しいスケジュールはこちらの公式ページをご覧ください。

 

 

見ている人が得点を入れられる

ジャッジゾーンの画面例

モンスタージャムの面白い所は、レースの得点を、鑑賞している人たちが投票できるところ。レース結果が見ているファンの人たちに委ねられている、というお客さん参加型のイベントです。スキルチャレンジやフリースタイル競技の時、「ジャッジゾーン(JudgesZone)」というシステムを使い、スマートフォンから誰でも簡単に点数を入れることができます。結果がすぐその場で発表されるので、会場の盛り上がりがすごいです。こちらのサイトで、会場でアナウンスされた3桁のコードを入力すると、投票することが出来ます。詳しい方法はこちらの公式ページでご確認ください。

 

 

参加する準備

モンスタートラックのイメージ

ここからは、実際にイベントに参加する際、事前に知っておいた方が良い情報を紹介します。

 

チケット購入

スケジュールを確認して、参加したい日があれば、まずはチケットを購入。こちらの公式サイトや、チケット販売サイトなどから購入することが出来ます。2歳以上のお子様はチケットの購入が必要です。

 

 

チケット購入画面の例

チケット購入画面の一例がこちら。値段はエリアごとに異なり、近い席や見やすい席ほど値段が高くなります。この画面では基本料金が表示されていますが、お支払い画面に進んでいくと、手数料や税金が追加され、倍近い値段に跳ね上がることがあるので、よくご確認ください。駐車料金は会場によって異なり、チケットと同時支払い、もしくは現地で支払い出来ます。筆者が参加した会場(Atlanta Motor Speedway)は1台20ドルでした。

 

 

巨大なモンスタートラック

イベント鑑賞チケットに加え、「ピットパーティー(Pit Party)」と呼ばれる追加チケットがあります。これはレース前に実際にフィールドに降りて、モンスタートラックを間近で見ながら写真を撮ったり、レース前のドライバーへのインタビューを見たりすることができるチケットです。より濃厚な体験をすることが出来ます。

 

 

持ち物や服装

持ち物のイメージ

スタジアムへ持ち込めるものは、その開催場所のルールによって異なります。ですが、基本的には大きなバックは持ち込むことが出来ないので、なるべく手ぶらで来ることをおすすめします。赤ちゃん連れの場合は例外がある場合も。筆者の参加した会場は、透明なバックなら18×18×14インチ(約45×45×35cm)、クラッチバックなどは4.5×6インチ(約11×15cm)以内の大きさで、というルールでした。

 

 

クリアバックに入った果物のイメージ

食べ物や飲み物の持ち込みについても、開催スタジアムのルールによって異なります。筆者の参加した会場は基本持ち込みNGでしたが、水のペットボトルを普通に持ち込めました。スタジアムの中では、軽食、ドリンク、お土産が販売されていますが、カード支払いが可能なので、大人であれば、身分証明書、クレジットカード、携帯電話があれば十分に過ごせます。

 

 

スタジアムの様子

服装についてはもちろんカジュアルでOK。会場が屋外か屋内かによっても異なりますが、日焼け対策、寒さ対策など、その日の天候に合わせた服装長時間鑑賞することを踏まえた服装を選んでください。また、特に屋内スタジアムの場合、長時間モンスタートラックの爆音のエンジン音を聞き続けることになるので、気になる方は防音対策として耳栓などを用意すると良いでしょう。特に子どもたちはイヤーマフを付けていることが多いです。

 

 

 

実際のイベントの様子

コースを走るモンスタートラック

ここからはイベントの様子について、実際の写真と共に紹介していきます。

 

 

スタジアムの外観

今回のスタジアムは、ジョージア州アトランタ市から車で南へ約1時間の位置にある「アトランタ・モータースピードウェイ(Atlanta Motor Speedway)」。屋外タイプのスタジアムで、客席の一部は屋根が付いています。

 

 

駐車場の様子

レースの日は、スタジアム周辺や駐車場が混んでいて、駐車できるまでに時間がかかるので、その分も見越して早めに到着することをおすすめします。

 

 

入場ゲートの様子

ゲートの入り口で、係員の人にチケットを見せて入場します。手荷物がある場合、ここで手荷物のチェックを受けます。

 

 

スタジアムの中とコースの様子

会場の様子がこちら。中央に土でレースコースが作られています。この日は日焼け対策必須の晴天でした。

 

 

軽食販売の場所 スポーツドリンク

会場の中ではハンバーガーやアイスクリームなど、軽食と飲み物が販売されています。ビールなどのアルコール類もありますが、持ち帰りは出来ないので、その場で店員さんが缶の蓋を開けて渡してくれます。日差しが強すぎたので、水分補給にスポーツドリンクを購入しました。(色がアメリカ)

 

 

グッズ売り場の様子 グッズ売り場

またモンスタージャムのグッズ売り場もあります。Tシャツや帽子から、ミニカーまで、あらゆるグッズが揃います。またモンスタートラックのデザインボトルの飲み物や、トラックのモチーフを使ったお面と綿あめなど、子ども達が喜ぶグッズもたくさんあります。

 

 

コースのジャンプ台に使われている黄色い車

これだけ離れていても、大迫力の走りが見られます。ジャンプ台の中にはスクラップされた車やスクールバス。その上を巨大トラックが飛んでいきます。

 

 

イヤーマフをするキッズの観客

ここは屋外スタジアムなので、大音量といえど耳が痛くなるほどではありませんでした。屋内スタジアムの場合は爆音が会場内に響き渡るので、特にお子さんは防音対策をした方が良さそうです。会場でも、モンスタートラックのタイヤを模したデザインのイヤーマフが販売されていました。

 

 

飛ぶモンスタートラック

特に盛り上がるのはフリースタイルの競技。バックフリップ(後方宙返り)が成功すると、会場の盛り上がりは最高潮に。逆に失敗してしまった時は「Ahh....」という残念がる声と励ましの声援が飛び交います。

 

 

1バックフリップ助走 2バックフリップ空中

3バックフリップ反転 4バックフリップ着地失敗

バックフリップが失敗してしまった場合の4シーン。会場から漏れるため息。

 

 

1バックフリップ助走 2バックフリップ坂の途中

3バックフリップ空中 4バックフリップ着地成功と歓喜のスピン

バックフリップが成功した場合の4シーン。最後には歓喜の高速スピン。

 

 

散水車 メンテナンス中のブルドーザー

各種目の間には、エキシビジョン的なイベントが行われたり、散水車やブルドーザーがレースコースのメンテナンスをして回ります。働く車好きの子ども達にはたまりません。

 

 

トラックとスクリーン 会場にあったミニスクリーン

またレースの結果などは、アナウンスと共に随時会場内のモニターに映し出されます。点数が発表されると歓声が上がります。自分で採点した点数がレース結果に反映されると思うと、より一層観戦するのが楽しくなります。

 

 

ゾンビトラック(Zombie) サメトラック(Megalodon)

そしてモンスタートラックのデザインも面白さのひとつ。名前もキャッチーなものが多くて楽しいです。この日優勝したのは、車体がサメのデザインをした「メガロドン(Megalodon)」でした。モンスタートラック一覧は、こちらの公式サイトからどうぞ。

 

 

スタジアムの外のお土産トラック

この日は、スタジアムの外にもお土産販売のトラックが来ていまいた。帰る直前まで全力で楽しめる、アメリカらしさ全開のイベントでした。

 

 

まとめ

「モンスタージャム(Monster Jam)」は、巨大トラックが爆音で走りまくる、ど派手&ど迫力のアメリカ感あふれるイベントです。年間をとしてアメリカ各地でイベントが開催されているので、ぜひ興味のある人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

*合わせて読みたいアメリカ感満載の記事*

ブログランキングに参加してます。

気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ