Mamemiso diary

絶景の見晴らし「フォート・マウンテン州立公園」| ジョージア州観光【アメリカキャンプレビュー】

アイキャッチ画像

アメリカ、ジョージア州の州立公園のひとつ「フォート・マウンテン州立公園(Fort Mountain State Park)」は、山頂の絶景あり、湖での水遊びありの、アウトドア好きに嬉しいスポットです。そんな州立公園の魅力とキャンプの様子について紹介します。

 

 

 

 

フォート・マウンテン州立公園とは

「フォート・マウンテン州立公園(Fort Mountain State Park)」は、ジョージア州の北部に位置する州立公園です。美しい景色の望めるハイキングあり、湖での水遊びあり、さらにはかつてインディアンが住んでいたという歴史ありの、魅力あふれる州立公園です。ジョージア州の州立公園は、入場料が一律1日5ドルです。詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

 

 

公園の見どころ

公園の看板

ここからは、実際の写真と共に山や湖の見どころについて紹介します。

 

絶景の見晴らしが楽しめるハイキング

自転車用トレイル

この州立公園は、フォート・マウンテンの標高が高い場所にビジターセンターがあり、そこに向かうまでのドライブでも、緑に包まれた山道とそこから見下ろせる景色が楽しめます。そして公園内には、初心者向けから本格的なもの、マウンテンバイク用まで、様々なハイキングコースがあります

 

 

トレイルコースの看板

特に山頂付近にあるハイキングコースには、展望台など見どころが集まっています。近くの駐車場に車を停めて、最短距離なら片道30分もかからずに、歩いて展望台まで向かえます。

 

 

岩の多いトレイルコース

「West Overlook Trail」は、なだらかな道から始まり、徐々にゴツゴツとした岩が現れる山道です。黄色い印が目印のトレイルコース(ハイキングコース)です。

 

 

展望台と景色

その見晴らしに感動したのが「West Overlook」展望台からの眺めです。張り出した展望台からは、緑の地平線と青い空が広がります。

 

 

展望台からの絶景

ジョージア州らしい深緑色の森と、ゆっくり動く白い雲、その雲の影がくっきりと大地に描かれている様子は、まるで絵のようです。ベンチもあるので、ハイキング中の一休みにもうってつけです。

 

 

火の見やぐらで隠れハートを探す

火の見やぐら

フォート・マウンテンの頂上には、1930年代に火の見やぐら(Fire Tower)が建てられました。その後、火災や修復を経て、現在もその火の見やぐらを見ることが出来ます。

 

隠れハートの参考画像

当時この火の見やぐらを建設していた石工アーノルド・ベイリーが、家で待つ恋人の為にハート型に石を掘りました。彼は1994年に80歳で亡くなるまで、その愛する妻と59年の結婚生活を送ったそうです。そんなロマンチックな「ハート型の石」は今でもこのやぐらの壁に残っています。行った際にはぜひ探してみて下さい。ハート型の石の写真は、こちらのサイトから引用しました。(私は見つけられませんでした涙)

 

 

インディアンの歴史を感じる

月の目の人の伝承の書かれた石

フォート・マウンテン(Fort Mountain)は直訳すれば「砦の山」。その名の由来となったのが、山頂付近に今でも残る、855フィート(約260m)も続くの古代の岩壁です。これはかつて「月の目の人(Moon-eyed people)」と呼ばれるインディアンが、敵対するインディアンを防御する要塞として、また古代の儀式の為に作ったという伝承が残っています。

 

 

トレイルに残る岩

この伝承は、この地に数百年住んでいたインディアンの「チェロキー族(Cherokee Indians)」によって伝えられました。彼らによれば、この岩壁が建てられたのは西暦500~1500年の出来事だそうです。ハイキングをしながら、この伝承が残る岩壁を間近に見ることが出来ます。

 

 

 

湖畔のビーチでのんびり寛ぐ

湖畔のビーチと遊ぶ人々

この公園は山の上にありますが、同時に湖も楽しめる場所です。この「フォート・マウンテン湖(Fort Mountain Lake)」には、砂浜があるので、小さな子ども達でも楽しむことが出来ます。

 

 

湖とボートで遊ぶ人々

またボート遊びや釣りを楽しむことができます。カヌーや足こぎボートのレンタルもあります。湖畔にイスを置いて、釣りをしながら、BBQを楽しむ家族の姿も多く見られました。

 

 

キャンプの様子

ビーチの近くのグループシェルター

フォート・マウンテン州立公園にはキャンプサイトやコテージ、ピクニックサイトなども多数用意されています。利用するには予約が必要です。予約サイトはこちら

 

 

ビジターセンター

まず、チェックインなどの手続きをするのは、こちらのビジターセンター。「The Trading Post」と名前が付いていました。

 

 

ビジターセンターのお土産 ビジターセンターの鹿のはく製

ビジターセンターの中では、お土産やキャンプグッズの販売もしています。デザインや品ぞろえが良い印象です。またクマや鹿のはく製も展示されていました。

 

 

クマ注意の看板

ここはクマの出る公園です。私は遭遇しませんでしたが、いたる所に「クマ注意」の看板があります。またチェックイン時には、クマが居た場合エサをあげない、近づかない、ゴミはあさられないように保管する、といった注意事項の説明があります。

 

 

Walk-Inサイトの入り口 キャンプサイトの様子

キャンプサイトは電気水道付きのRV用サイトや、駐車場から少し離れたWalk-Inサイトがあります。場所にもよりますが、どのサイトも木々が多い森の中という雰囲気です。

 

 

トイレとシャワールームの建物外観

キャンプ場の中には、トイレ、シャワー、ランドリールームが付いた建物があります。

 

 

トイレシャワールーム全体 トイレの様子

シャワーの様子 コイン式洗濯機と乾燥機

中は比較的に綺麗で、清掃の方もよくメンテナンスに出入りしていました。

 

 

キャンプ場ゲートの看板 クマ対策のゴミ箱

キャンプ場の入り口にはゲートがあるので、チェックイン時にゲート番号を聞かないと車で中に入れません。そしてゴミ箱はクマ対策の為に、頑丈で人間の手でないと開けにくい仕組み(取っ手の奥に開閉フックが付いている)になっていました。

 

 

コテージの建物

この公園はキャンプ場だけでなく、コテージの数も多いです。湖にすぐ行ける立地のコテージもあり、楽しく過ごせそうです。こちらも予約が必要です。

 

 

まとめ

「フォート・マウンテン州立公園(Fort Mountain State Park)」は、山あり湖あり歴史ありの、見ごたえ抜群の州立公園でした。新緑のハイキングと水遊びが楽しめる夏は、特に人気がありそうです。ぜひ隠れハートも探しに、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

*ジョージア州の州立公園の楽しみ方&一覧

 

*合わせて読みたいキャンプレビュー

ブログランキングに参加してます。

フォートマウンテンが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ