Mamemiso diary

アメリカNo.1鋳鉄製品メーカー「LODGE(ロッジ)」の魅力と工場直売所訪問レポ

アイキャッチ画像

何世代にも渡って使えるような、どっしりとした鋳鉄製のフライパンで有名な「LODGE Cast Iron」は、テネシー州生まれの120年以上続くアメリカNo.1老舗メーカー。その魅力や、テネシーにある工場直売所の様子について紹介します。

 

 

 

 

LODGE(ロッジ)とは

LODGEのロゴ

公式ページのロゴ

黒いフライパンに目玉焼きのロゴで知られる「LODGE Cast Iron」は、鋳鉄製品(キャストアイアン)を中心に扱うアメリカのメーカーです。1896年に Joseph Lodge(ジョセフ・ロッジ)が、テネシー州サウスピッツバーグ(South Pittsburg, Tennessee)で設立した会社から始まりました。その後、世界恐慌など時代の変化も越え、多くの人々に愛され続ける、120年以上続く老舗ブランドです。公式ホームページはコチラ

 

 

LODGEの魅力

LODGEのお店外観

このアメリカで最も古い鋳鉄製品メーカーは、世界中で愛される魅力があります。筆者もLODGEのスキレットを使っているので、その魅力の一部を紹介します。

 

長く使える良い道具

ロッジで焼くベーコンのイメージ

創業から続くLODGEのコンセプトは「よい道具を選ぶことが、美味しい料理を作る第一歩」。惑星一と豪語する、耐久性と汎用性に長けた鋳鉄製の調理道具を製造し続けています。煮込み料理やパン作りなど幅広く活躍するダッチオーブン(鍋)、ステーキやパンケーキなどのアメリカ料理には欠かせないスキレット(フライパン)などの製品があります。

 

 

料理が美味しくなる秘訣

ロッジのスキレットと蓋

鋳鉄製品(キャストアイアン)の魅力は、ゆっくりじっくり熱を伝えることができること。LODGEの鋳鉄製品は、厚みが5mm、どっしりと重く丈夫です。温まるまで時間がかかりますが、一度温まれば冷めにくい特性があります。さらに蓋があれば、そのずっしりした重さで密閉され、圧力がかかるので硬い食材も柔らかく煮込むことが出来ます。蓋の内側の突起には、食材から出た旨味のある蒸気が溜まって、また食材にふりかかるので、旨味を逃すことなく美味しく仕上げることが出来ます。

 

 

シーズニング済みで買ってすぐ使える

キッチンにあるロッジのイメージ

鋳鉄製品といえば、重いし、錆びやすいし、お手入れが難しそうというイメージ。特に錆びを防止するために油を馴染ませる「シーズニング」という作業が手間だと感じる人も多いはず。しかしLODGEでは2002年から、シーズニング済みの商品販売を始めました。大豆ベースの食物油でシーズニングされているので、口に入れても大丈夫。なので、購入後はサッと洗うだけで、すぐに使い始めることが出来ます。もちろん定期的にシーズニングのお手入れをし続ければ、油の層が重なり、どんどん使いやすくなります。よく手入れされた製品は何世代にも渡って使い続けることが出来ます。公式サイトのシーズニングの仕方はこちら

 

 

ダッチオーブンやスキレットだけじゃない

公式ページの商品紹介

日本の公式ページ参照

LODGEでは、定番の鋳鉄製品(キャスト アイアン)以外にも様々な商品があります。エナメル加工されたお手入れしやすい製品(エナメル キャスト アイアン)、軽くて短時間調理向きの炭素鋼製品(カーボンスチール)、更にはレシピ本や鍋敷きなどのアクセサリーまで、幅広い商品がそろっています。

 

 

工場横の直売店に行ってみた

 

LODGEの製造工場は、創設地のテネシー州サウスピッツバーグ(South Pittsburg, Tennessee)にあります。その工場の隣には、LODGE製品を扱う専門店が併設されています。今回はその専門店に行ってみました。他にも専門店がテネシー州とノースカロライナ州に3店舗あります。またLODGEの製品は、スーパーやアウトドアショップなど様々な小売店で取り扱いがあります。インターネット販売もされています。

 

 

工場に隣接するお店

とてものどかな場所に現れるのが、LODGEのロゴと同じ黄色の建物。LODGEのロゴも含めて写真映えするお店です。

 

 

工場の様子

お店の隣には、製造工場も見えています。こちらは立ち入りできませんが、すぐそこに鋳造工場があると思うとわくわくします。

 

 

 

鉄製のキャラクター

お店の前で出迎えてくれるのが、LODGEの鋳鉄製品で組み立てられたキャラクターたち。ベーコンを焼く女の子、焚火で料理する男の子、待ち遠しそうなワンちゃん、どれも黒く輝く鉄製です。記念撮影するお客さんがたくさん居ました。

 

 

店内の様子

店内に入ると、LODGEの製品がところせましと並びます。メインの鋳鉄製品はもちろん、その他の商品も普通のアウトドアショップなどでは見つけられない種類の多さです。

 

 

スキレットと鉄板 マフィン型など

スキレットや鉄板は、大小様々なサイズが勢ぞろいしています。さらにマフィン型など、特徴的な形の製品の種類も多いです。

 

 

様々なデザインの裏面

嬉しいのはデザインが豊富なところ。普通の商品は裏面にLODGEのロゴが入っていますが、ここでは動物やアメリカの国旗柄、国立公園のロゴなど、つい集めたくなってしまうようなデザインの商品もそろっています。

 

 

ディスカウント商品の棚

工場直売の一番の魅力は、ディスカウント商品が置いてあるところです。ぱっと見では分からない小さな傷などが入ってしまった商品が、通常価格よりも安く販売されています。これは普通の小売店では手に入らないお得な商品です。

 

 

ディスカウント商品の棚

良いお値段の調理道具なので、このディスカウント商品はとてもありがたいです。大小様々なスキレットやダッチオーブン、それぞれの蓋もありました。人気サイズの商品は、ディスカウント品も少なめだったので、見つけたら即買いです。

 

 

ロッジの鍋敷き

LODGEのアクセサリー商品も豊富です。写真はオリジナルの鍋敷き。持ち手のカバーなども種類が豊富で、50%OFFなどの値下げ商品もいくつもありました。

 

 

ロッジの小物製品

またLODGEのロゴを使った小物商品も可愛かったです。またBBQで使える調味料、レシピ本、便利キッチングッズなど、料理に関する商品も多数取り扱っていました。

 

 

テネシーの地元特産品

地元テネシー州のローカル商品もありました。写真はジャムやピクルスなど、地元ファームの商品です。

 

 

コーンブレッド祭りのデザイン

毎年4月に地元サウスピッツバーグで行われるお祭りが「National Cornbread Festival」です。アメリカ最大のコーンブレッドのお祭りで、それに関する商品も紹介されていました。お祭りの期間には、LODGEの工場見学も開催されています

 

 

博物館とレストランが出来る予定地

10月には博物館がオープンし、来年にはレストランもオープンする予定だそうで、これから益々盛り上がりそうな熱いスポットです。

 

 

まとめ

「LODGE Cast Iron」は、アメリカ最古の鋳鉄製品メーカーで、120年以上人々に愛されています。料理が美味しくなる、本格的で丈夫な商品は、よくある小売店でも簡単に手に入りますが、工場に隣接する専門店に行けば、豊富なラインナップやお得なディスカウント商品に満足すること間違いなしです。ぜひ試してみて下さい。

 

 

*合わせて読みたいアメリカのお買い物記事*

ブログランキングに参加してます。

ロッジ製品が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ