どんぐりかぼちゃ(acorn squash)の食べ方 | アメリカで野菜を美味しく【写真あり】

アイキャッチ画像

アメリカのスーパーではかぼちゃの種類も豊富です。その中でもひときわ可愛いどんぐりかぼちゃ(acorn squash)の食べ方を紹介します。

 

どんぐりかぼちゃ(acorn squash)とは

          f:id:mamemisodiary:20200612125216j:plain

どんぐりかぼちゃ(acorn squash)とは、かぼちゃ(Squash)の一種です。濃い緑色の皮で、縦に筋がしっかり入っているのが特徴です。この楕円の形がどんぐり(Acorn)のようです。スーパーでは比較的いつでも手に入りますが、旬は初秋から冬にかけて

 

PumpkinとSquashの違い

      f:id:mamemisodiary:20200612133918j:plain

日本語の「かぼちゃ」、実は英語にすると2種類に分けられます。

 

英語ではかぼちゃ全般スクワッシュSquash)と呼びます。

そして、Squashのうち

オレンジ色のものをパンプキンPumpkin)と呼びます。

よくハロウィーンで見るアレです。

 つまり、日本で馴染みのある緑色のかぼちゃはスクワッシュ(Squash)になります。(アメリカ人の友達によると、「Squash」というと緑色のかぼちゃよりバターナッツかぼちゃの方がピンとくるようです。日本では、緑色のかぼちゃでパイも作るよと言ったらびっくりされました!)

 

どんぐりかぼちゃの特徴

f:id:mamemisodiary:20200612135026j:plain

どんぐりかぼちゃの大きさは、日本のかぼちゃの小ぶりなものくらい。皮が硬くて少し切りにくいですが、実は黄色っぽくサクサク切れます。

焼いて食べるのが一般的です。加熱した場合、日本のかぼちゃに比べて水分が多め。(少しべちょっとします。)そして甘さは控えめです。

 

食べ方紹介

今回はどんぐりかぼちゃでトライしてみた料理2点を紹介します。

どんぐりかぼちゃスープ

    f:id:mamemisodiary:20200612135943j:plain

どんぐりかぼちゃとコンソメとミルクで、シンプルなスープにしてみました。水分多めの実なので、じゃがいも等に比べるとねっとり感は無くあっさりしたスープになりました。甘さも控えめなので、かぼちゃの甘みを楽しみたい方には「バターナッツかぼちゃ」(別記事で紹介中)をおすすめします。

 

 

まるごとオーブン焼き

   f:id:mamemisodiary:20200612140552j:plain

どんぐりかぼちゃのレシピを検索して最もポピュラーな調理が「オーブン焼き」です。今回はしょっぱい系ではなく、甘い系のオーブン焼きを試しました。

 

作り方はシンプルに、

  • 半分に切って、種をとる
  • バターかオイルを表面に塗る
  • ブラウンシュガーやメイプルシロップも表面に塗る
  • オーブンで焼く
  • 仕上げにお好みでシナモンをかける

 

 

  f:id:mamemisodiary:20200612141637j:plain

お味は、スープに比べてオーブンで焼いた方がねっとり感が増しました。皮はしっかり残っているので、スプーンですくっても崩れずに食べやすいです。実の甘さは控えめなので、日本のかぼちゃの煮物をイメージしていると甘みが足りないと感じます。ですので砂糖やシロップは多めで良いです。中心のトロトロした部分が特に美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

まとめ

見た目の可愛さに惹かれたどんぐりかぼちゃ。特徴としては、甘さ控えめで皮がしっかりしているので、丸ごとオーブン焼きにしても皮を器替わりにできます。もし甘さを求めるなら「バターナッツかぼちゃ」の方をおすすめします。

 

 

*アメリカ試している野菜シリーズ

ブログランキングに参加してます。

どんぐりかぼちゃが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ