Mamemiso diary

アメリカの豆腐(TOFU)がかたい!?

     FIRM豆腐

こんにちは。まめみそです。

 

アメリカで簡単に手に入る豆腐(Tofu)

日本の木綿豆腐よりも硬いことが多いです。

そのかたさについてレポートしてみたいと思います。

今日も1日1豆知識!

 

 

FIRM豆腐がかたい

     豆腐と大豆

アメリカで見かける豆腐の種類は豊富ですが、

今回レポートするのは「FIRM豆腐」です。

 

「FIRM豆腐」は木綿豆腐にあたりますが、

日本の木綿豆腐よりかたいことが多いです。

 

【参考】

以前、冷ややっこで食べても美味しい柔らかい豆腐をレポートした際、

豆腐の種類についても触れました。

 

 

nasoya(ナソヤ)の豆腐

www.instagram.com

今回レポートするのはnasoya(ナソヤ)の豆腐です。

(上記は豆腐の概念が飛んでいくnasoyaのインスタグラム

 

nasoyaは1978年に創設者がマサチューセッツ州で豆腐を作ったことから

始まったアメリカの豆腐メーカーです。

 

なので、アジア系スーパーに行かなくても

アメリカのスーパーで手に入りやすい豆腐です。

(Whole Foods、Kroger、Target、Walmart、Publixなどのスーパー)

 

nasoyaのホームページによると

アメリカの豆腐市場にて、2020年1月~3月の総売り上げが

前年比28.9%も増加したそうです。

タンパク質豊富でヘルシーな豆腐の需要が高まっている様子。

 

nasoyaの豆腐は4種類あって、それぞれの説明があったので紹介します。

EXTRA-FIRM TOFU(かための木綿豆腐)

Most Popular(一番人気)

使い方:炒め物、ケバブ、マリネ

 

FIRM TOFU(木綿豆腐)

Most Versatile(最も用途が広い)

使い方:スクランブル、スープ、タコス、サンドイッチ

 

SILKEN TOFU(絹豆腐)

Most Surprising(最も驚くべき) ←日本語合ってますかね

使い方:スムージー、ソース、ディップ、ドレッシング、クリーミーデザート

 

TOFUBAKED (焼き豆腐)

Most Convenient(最も便利)

使い方:スナック、サラダ、サンドイッチ、前菜

 

驚いたのはこの「TOFUBAKED」

たとえば、照り焼き味のついた茶色い豆腐という感じで

そのまま食べられる手軽さです。

【参考】nasoya☞ Tofu Tips | Nasoya

 

 

nasoya(ナソヤ)のFIRM豆腐を食べてみた

     ナソヤの木綿豆腐

今回はWalmart で買ったnasoya(ナソヤ)のFIRM TOFU(木綿豆腐)

1個 16 oz (454g)で、$1.44(約150円)

 

アメリカの豆腐は賞味期限が長いです。

1ヵ月とか2か月とかあります。

初めて見た時、二度見しました。

ですが、保存料は不使用(NO PRESERVATIVES)です。

低温殺菌(PASTEURIZED)が、長期保存できる理由のようです。

まめ知識:保存料不使用かは「NO PRESERVATIVES」の表記を確認

 

 

      豆腐売り場

アメリカのスーパーの中だと、

野菜売り場の近くの、サラダ売り場周辺に置いてあることが多いです。

(緑の丸のところ)

 

 

     豆腐を開封したところ

開けてみたところがこちら。

右下の開け口からは、いっこうに開く気配がなかったので

包丁で切り開きました。

 

 

豆腐にナイフを刺した 豆腐にナイフを刺す

この表現が適切なのか、分かりませんが・・・

 

ナイフを刺しても、ナイフが倒れないくらいには硬い豆腐です。

少し揺らしたくらいではナイフはずり落ちない。

日本の木綿豆腐よりも、ぎゅっと詰まった感じの豆腐です。

 

 

     豆腐をくずしたところ

手でほぐしてみても、べちゃっとすることはなく

そぼろ状になります。

これはこれで、使い勝手が良さそうです。

 

 

      煮る前の豆腐

かたいので切っても崩れにくいです。

煮込むと、水分を吸ってひとまわり大きく柔らかくなります。

 

 

      煮込んだ後の豆腐

煮込んだあとの豆腐です。

ちょっと写真では分かりにくいですが、ひとまわり大きく、柔らかくなりました。

 

お味も、いたって普通です。

かためなので、焼いたり炒めたりするのに便利。

冷ややっこには、もっと柔らかい豆腐を選んだ方がいいです。

 

 

まとめ

アメリカでは日本よりも豆腐の種類が豊富で、

汎用性が高いのが良いところだなと感じています。

木綿豆腐はナイフが立つほど硬いですが、加熱料理に最適です。

賞味期限が長いのも、日本の豆腐との違いだなと思います。

 

今度は味付き焼き豆腐など、進化系豆腐商品にもトライしてみたいと思います。

 

まめみそ

 

 

*やわらかい豆腐はこちら*

*他にも種類が豊富な話* 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加してます。

木綿豆腐の硬さに驚いた方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ