Mamemiso diary

アメリカ式乾燥機の使い方と注意点(写真付き)

アイキャッチ画像
こんにちは。まめみそです。アメリカでは洗濯機とセットで乾燥機が設置されているのが一般的。英語表記の乾燥機の使い方を写真付きで解説します。

 

乾燥機の使い方2ステップ

    乾燥機上面

アメリカでは、外観を損ねる、安全性に欠けるなどの理由で洗濯物を外に干す文化が広がっていませんエコの観点からも、洗濯物の外干し許可「Right to dry」を求める動きがあり一部の地域では認められているようですが、まだまだ浸透はしておらず。まだ1度も外にある洗濯物を見たことがありません。

 

したがって、アメリカでは洗濯機と乾燥機はセット。デリケートなもの等を部屋干しする以外は、基本全て乾燥機を使っています。

 

設定1:モードか時間を選ぶ

   時間設定ボタン

まずは左側のつまみで、モード時間を選択します。

 

「モード」は大きく2種類あり、各段階に分かれています。

 1.コットン(Cottons)

 ・More dry   ほぼ湿気を残さない

 ・Optimum dry 中間(過度に乾燥はさせない) 

 ・Less dry   少し水分を残す(シワ防止)

 

2.カジュアル(Casuals)

 ・More dry   ほぼ湿気を残さない

 ・Less dry    少し水分を残す(シワ防止)

 どちらのモードも、最後に「Cool Down」をしてから終了します。

 

「時間」で設定できるパターン(Time dry)もあります。

こちらは10分~80分まで、10分刻みに目盛りがあり、どの位置にでも、時間設定が可能です。

つまみを回すと「ジジジジジ」といいながら、目盛りが減っていきます。そして、つまみが「off」まで進めば、終了です。

この「時間」設定の10分の目盛りの脇に、「Quick Fluff」という表示があります。これは、温風ではなく室温の風を当てるモードです。最後の10分は、熱風ではなく常温の風でクールダウンしている様子。

 

我が家では、洗濯機いっぱいに洗濯した場合「60分」時間設定でやると、丁度良く乾き終わります。

 

設定2:温度を選ぶ

   温度設定のボタン

次に、温度(Temperature)を設定します。

 

温度設定はシンプルに3種類

1.コットン(Cottons / Regular)  熱風

2.カジュアル(Casuals / Medium) 控えめの熱風

3.エアフラッフ(Air Fluff / No Heat)常温の風(シワ防止)

  我が家では、だいたい「カジュアル(中間)」を使っています。高温すぎると衣服が縮む可能性、またビニール製品は溶ける可能性があるので、気を付けましょう。

 

乾燥機を使う時の注意点

   乾燥機の中

乾燥機のふたを開けた様子がこちら。横型ドラムが回転しながら、洗濯物に風を送っていきます。そんな乾燥機の注意点が2つあります。

 

シワがすごい

まず、洗濯終了後のシワがすごいです。日本の洗濯機以上にねじれる気がするのと、高温で洗濯するとシワがつきやすいです。そのねじれた洗濯物を、そのまま乾燥機に入れて熱風をあてるとシワがくっきり残ってしまいます。

 

そこで、気になるものは、こんな対応をしています。

①パンパンとシワを伸ばしてから乾燥機へ

②部屋干しでシワを防ぐ

 

また、乾燥機に入れる「シートタイプの柔軟剤」が存在し、シワ軽減に効果が期待できます。そちらを使ってみたレビュー記事もご参考にどうぞ。

毎回フィルターのホコリをとる

   フィルターの位置

この写真は、排気口のフィルターを取り外す位置です。

 

    フィルター

こんな網のフィルターが入っています。毎回、ホコリや糸くずがたまるので、使用する前に取り除きます。ティッシュや指で簡単に取れます。ホコリを取らないと、乾燥中ホコリを吸引しないのはもちろん、静電気がホコリに引火して、火事になる可能性もあるので注意が必要です。

 

まとめ

乾燥機がある生活はとても便利です。使い方も簡単。濡れた洗濯物を運んで物干しざおに干すという作業から解放されました。ただし、衣類を高温にさらす可能性があるので縮まないように注意しましょう。(ドイツの洗濯乾燥で、靴下を赤ちゃんサイズにまで縮めたことがあり。)

 

 

まめみそ

 

*他にも、アメリカの洗濯関係*

 

ブログランキングに参加してます。

アメリカの乾燥機事情が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ