Mamemiso diary

おすすめキャンプ場 in SC | Chau Ram County Parkキャンプサイト編【アメリカキャンプレビュー】

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。アメリカでの初キャンプはサウスカロライナ州(South Carolina)のチャウ・ラム郡立公園(Chau Ram County Park)でした。その様子について、前半「キャンプ施設編」後半「見どころ編」の2本立てで紹介します。本記事は前編です。後編はコチラからどうぞ。

 

Chau Ram County Parkについて

 今回訪れたのは、サウスカロライナ州(South Carolina)にあるチャウ・ラム郡立公園(Chau Ram County Park)という川辺にあるキャンプサイトです。

 

 

 

もらったパンフレット

 

 こちらはパンフレットの表紙。チャウガ川(Chauga River)で川遊びをしたり、ハイキングコースや日帰りBBQなど、1日中アウトドアが楽しめます。キャンプサイトは26サイト(水道・電気付き)あり、事前にホームページで予約ができます。公式ホームページはコチラ

 

キャンプサイトのルール

チェックイン、チェックアウト

キャンプ場の看板 

まず、公園のゲートで、管理人さんに予約した名前を伝えてチェックインします。

・チェックイン時間 : 午後2時

・チェックアウト時間: お昼12時

そこでキャンプサイトのパンフレットをもらい、予約した番号のキャンプサイトに向かいます。

 

管理人のお姉さん

キャンプサイトに着いてしばらくすると、管理人の方がやってきてトイレの場所など施設について説明してくれました。上記の写真のように、アメリカではよく見るゴルフカート的な乗り物で来てくれます。

アメリカのキャンプサイトではたいがいゴミを置いて帰ることが出来ます。ここでは管理人の方から大きなゴミ袋を1枚受け取りました。キャンプサイトの入り口に置いておけば回収してくれます。

 

公園内でアルコールは禁止

      アルコール禁止の看板

そして、公園内でのアルコール飲料は禁止されています。サウスカロライナ州の州立公園のルールが、この郡立公園でも同様に適用されているようです。写真のように、アルコール禁止の看板が所々に出ています。

 

サウスカロライナ州立公園のホームページを覗いてみると・・・

「Consuming or displaying in public any beverage of alcoholic content, including beer and wine, except where specifically authorized bu the Department.」

「特別に許可された場所を除いて、公然とアルコール飲料を消費したり置いたりしないこと」とありました。

まめ知識:公共の場での飲酒については各地のルールを確認すること(基本ダメ)

キャンプサイトの様子

   キャンプサイトの風景

キャンプサイトは全部で26サイト。緑がほどよく並ぶ明るい森という感じ。訪れたのは6月後半。この日は晴れ間が少なかったこともあり、暑すぎず過ごせました。(数回通り雨もありました。)

 

 

   キャンプサイトの中

道路からキャンプサイトの入り口までは、コンクリートで舗装されています。そこから、サイト内は砂利です。各サイトの間は、枯れ葉と数本の木で仕切られていてプライベート空間はやんわり保たれる感じです。各サイトにテーブルベンチも1個ずつ置いてあります。

 

 

   アメリカのキャンプスタイル

そしてアメリカのキャンプスタイルあるあるがSUVやピックアップトラックでトレーラーをけん引するスタイル。キャンピングカーも見かけますが、今回のキャンプサイトは8割がこのスタイルでした。我が家はテントスタイルです。

 

 

    電気と水道

今回は、各キャンプサイトに電源と水道がありました。キャンプ場あるあるで、水道はかなり勢いよく出ます。水道が斜面の上側にあるので、水がテント側に流れてこないように注意が必要です。洗い桶や蛇口につけるガーデニング用ホースなどがあればかなり快適になります。

 

 

   キャンプサイトの電源

こちらはキャンプサイトにある電源。キャンピングカーやトレーラーの方は、まず到着したらここにつなげます。必要に応じて延長コードがあった方が便利です。

 

 

  薪売り場

キャンプサイトでも売っていました。バケツ1杯で3ドル。ちょっと湿ってそうな雰囲気でした。(今回は使用せず)

 

 

     キャンプサイトマップ

 

トイレとシャワーの写真を撮り忘れましたが、状態は期待以上でした。トイレは3つ、シャワーは2つ。どちらもきちんと清掃されていました。

トイレットペーパーがきれていることもなく。シャワーからしっかりお湯が出て、途中で水に戻らないところも◎ただし夜には明かりに寄ってくる虫たちがいます。

 

コロナウイルスの影響で、トイレもシャワーも公園内の遊具もよく消毒されていました。(背中に消毒用タンクを背負った管理人さん達がうろついてます。)

 

前半まとめ

はじめてのアメリカのキャンプ場ということで、トレーラー牽引スタイルなど、見慣れないものも多かったですが、回数を重ねるうちにこれが普通だと気づきました。レポート後半では公園の見どころキャンプ飯について紹介します。コチラからどうぞ。

 

 

*合わせて読みたいアメリカキャンプレビュー*

キャンプレビューの一覧はコチラ

ブログランキングに参加してます。

アメリカのキャンプや公園が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ