アメリカの紙のサイズが合わない

  手紙

こんにちは。まめみそです。

 

アメリカに来てから、何かと単位の違いに驚いていましたが

紙のサイズも異なるのでレポートしてみます。

今日も1日1豆知識!

 

 

A4ではなく「レターサイズ」

  紙

日本では、よく「A4」や「B5」という紙の大きさを使いますが、

アメリカではレターサイズという基準を使っています。

 

 

この「レターサイズ」と「A4」が近いのですが

微妙に大きさが異なります。

大きさを図にしてみました。

  A4とletter解説図

(緑)がアメリカの「letter(レター)」サイズ

(青)が「A4」サイズです。

 「A4」の方が縦長で、アメリカの「letter(レター)」サイズは横幅が広め。

 

 

アメリカの長さの単位はインチなど色々ありますが、以前まとめてあります。

 

 

それぞれを重ねた図がこちら。

   A4とletter重ねた図

長辺か短辺どちらかが、はみだす感じになります。

 

なので、日本でA4のフォーマットで作られた資料を

アメリカで印刷すると、うまくいかない場合があるので注意が必要です。

まめ知識:アメリカの紙サイズは、「A4」ではなく「レターサイズ」

 

実際のレターサイズ用紙

  実際のレターサイズとA4

実際の写真がこちら。

 

が、アメリカでもらった「レターサイズ」のパンフレット

が、日本から持ってきた「A4」用紙

 

「A4」が何だか細長く見えます。

 

 

  クリアファイルに入れた様子

日本から持ってきた「A4」用のクリアファイル

両方の書類を入れた様子がこちら。

 

「レターサイズ」の横幅も

ギリギリですが、クリアファイル内に収まっています。

アメリカのクリアファイルは、まだ買ったことが無いです。

 

 

  ポケットファイル

次に、書類整理に使うクリアポケットについて。

 

が、アメリカで買った「レターサイズ」用のクリアポケット

が、日本から持ってきた「A4」サイズ用のクリアポケット

 

どうやら、ファイルの穴の規格にも何かありそうです。

 

 

このクリアポケットに、

先ほどの書類を、対応しない組み合わせで入れてみました。

  対応しない組み合わせの結果

 

:「レター」ポケットに、「A4」用紙

:「A4」ポケットに、「レター」用紙

 

 

その結果、すこし見にくいのですが

の、「レター」ポケットからは、「A4」書類の頭がはみ出てしまいました。(緑の点線)

の、「A4」ポケットには、横幅ギリギリで「レター」書類が収まりました。

 

このように、互換性はその時々なので、注意が必要です。

 

 

その他の紙サイズ

  アメリカのノート

アメリカの紙サイズの詳細は、これ以上書くとややこしいので止めました。

他に面白いなと思ったものを、備忘録として残しておきます。

 

こちらの写真は、

:アメリカで買ったノート

:日本のルーズリーフ

 

これも、「レター」と「A4」のように、

アメリカの方が「縦が短く、横が長い現象」が起きていました。

 

 

  アメリカの広告

郵便受けに入っているちらしなども、

正方形に近いものや、日本では見慣れないサイズをよく見かけます。

 

 

まとめ

アメリカでは紙のサイズが異なります。

この「レターサイズ」という規格は、北米以外ではほとんど使われていないそうです。

とりあえず日本のA4ファイルは、アメリカの紙にも今のところ使えています。

 

8月になり毎日更新が滞っていますが、

気づいたことや豆知識はこれからも更新していきますので

よろしくお願いします!

 

まめみそ

 

*合わせて読みたいアメリカの単位の話*

 

 

ブログランキングに参加してます。

紙のサイズになるほどと思った方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ