Mamemiso diary

アメリカ式電気コンロの使い方(写真あり)

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。アメリカのアパートのキッチンで一般的な「電気コンロ」。表示はもちろん英語なので、初めは少し戸惑うかもしれません。今回は「ガスコンロ」とも「IH」とも違う、この電気コンロの使い方などをレポートしていきます。

 

「IH」と「電気コンロ」の違い

アメリカのキッチンの写真

「IHクッキングヒーター」(Induction Heating cooking heater)と「電気コンロ」(Electric stove)は、どちらも火を使わない加熱調理器具ですが、明確な違いがあります。

 

「IHクッキングヒーター」は電磁波を使って鍋を発熱させます。なのでIH調理器本体は熱を発生しません。つまり本体は熱くないです。

 

一方「電気コンロ」は、渦巻き状の電熱線が発熱し、その熱で鍋を温めます。つまり電気コンロ本体が熱くなります

まめ知識☞「IH」は本体が熱くないが、「電気コンロ」は本体が熱くなる。あとコンロは英語でstoveだよ!

 

電気コンロの特徴

アメリカのアパートでは、この「電気コンロ」をよく見かけます。「IH」の場合、「IH対応」の調理器具しか使えませんが、電気コンロは火を出さずとも、直接熱で温めるので、どの調理器具も使えます

 

ただし、火で熱するガスコンロに比べて「熱しにくく、冷めにくい」です。「強」にしても、あたたまるまで時間がかかり、スイッチを切っても電熱線が冷めるまで時間がかかります。

 

メリットとして、我が家は電熱線がむき出しになっていないタイプなので、お掃除が簡単です。ですが調理直後はとても熱いので、冷めてから掃除しないと危険です。

 

 

電気コンロの使い方

アメリカの電気コンロとオーブンの写真

使い方は、基本的にスイッチを入れるだけ(笑)

今回は我が家の電気コンロの写真をもとに、少し詳しく紹介します。電気コンロは、このようにオーブンと一体型になっています。

 

 

  アメリカの電気コンロの写真

コンロは前後左右の4か所です。電熱線は内蔵されているので、天板は平らです。掃除がしやすいのがメリット。

 

 

電気コンロのつまみの写真

ON/OFF火力は、それぞれつまみで調整します。(緑の枠内)

 

 

電気コンロ発熱時の写真

実際に、右手前のコンロをONにした様子がこちら。渦巻き状の電熱線が赤くなり、発熱しています。

 

また、加熱中は「熱いよライト(Hot Cooktop)」が赤く光ります。

 

温まるまで時間がかかりますが、日本で使っていたIHクッキングヒーターよりも、火力がはるかに強いです。日本のガスコンロで数年使っていた(安い)フライパンの底が、こちらの電気コンロの熱で一発で曲がりました

 

 

電気コンロ4か所の特徴

コンロ4か所の詳細がこちら。大小様々な大きさがあります。メインは右手前。ここだけ大小2パターンの電熱線を使えます。右奥がやかん(ケトル)、左側はサブ、というイメージ。

 

 

電気コンロのつまみの詳細写真

つまみの拡大写真がこちら。それぞれのつまみがどこに対応しているか、イラストで分かりやすいです。右手前用だけ、「大(Large Burner)」「小(Small Burner)」が選べます。

 

 

小(Small Burner)発熱時の写真

「小(Small Burner)」をONにした様子がこちら。発熱する位置の、ガイド線が示されています。

 

 

大(Large Burner)発熱時の写真

次に「大(Large Burner)」をONにした様子がこちら。小からひとまわり大きな円で、電熱線が赤くなります。

 

 

電気コンロの熱が冷めきっていない様子

あとは好きな位置のコンロを、好きな火力にして使うだけです。

 

注意点としては、スイッチを切ってもしばらく熱が下がらないこと余熱でかなり調理できます。スイッチを切っても天板が熱い間は、「熱いよライト(Hot Cooktop)」が点灯しているので、気を付けてください。

 

 

まとめ

「電気コンロ」は「IH」とは異なり、直接熱で調理器具を温めます。ガスコンロほど繊細な調整はできませんが、「IH」と違い、本体から少し浮かせて火加減調整をできる所が気に入っています。強い火力と長い余熱で、失敗したこともありますが、上手にお付き合いしていこうと思います。

 

 

まめみそ

 

 

*他にもアメリカの家電の使い方記事*

 

 

ブログランキングに参加してます。

電気コンロに詳しくなった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ