Mamemiso diary

バスマティライスとジャスミンライスの違い&食べ比べ【写真あり】

アイキャッチ画像

細長いお米の「バスマティライス(Basmati Rice)」「ジャスミンライス(Jasmine Rice)」は、どちらもアジア生まれの香り高いお米。その特徴などについて写真と共に紹介します。

 

 

 

丸い米と細長い米

2種類のコメ

お米は、大きく分けて2種類に分かれます。それは日本人に馴染みのある丸い米「ジャポニカ米」と、今回ご紹介する細長い米「インディカ米(長粒米)」です。ジャポニカ米は丸く短く、もちもちの粘り気が特徴。インディカ米は細長く尖っていて、パラパラと粘り気が無いのが特徴です。日本ではインディカ米全般を「タイ米」と呼ぶことも。世界で生産されている割合は、ジャポニカ米が20%、インディカ米が80%で、インディカ米はアジアや中東、アメリカや南米など様々な地域で食されています。

 

 

バスマティライスとは

バスマティライス

「バスマティライス(Basmati Rice)」は、インドやパキスタンで生産されるインディカ米の一種で、高級な香り米(Aromatic Rice)として知られています。「バスマティ」とは「香りのよい」を意味するヒンディー語が由来です。その香りはよくナッツのような強い香りと表現されます。

 

 

ジャスミンライスとは

ジャスミンライス

「ジャスミンライス(Jasmine Rice)」は、タイやカンボジアで生産されるインディカ米の一種で、こちらも高級な香り米(Aromatic Rice)として知られています。タイ語では「カオホンマリ(Khao hom mali)」、ジャスミンのような香りのよい米と呼ばれます。その香りは、フローラルで甘いポップコーンのような香りと表現されます。

 

 

バスマティライスとジャスミンライスの違い

バスマティライスとジャスミンライス

ここまでご紹介した通り「バスマティライス」と「ジャスミンライス」はどちらもインディカ米の一種で、高級な香り米として知られています。(以下、ライス省略。)その違いとして、一般的な生産国は、「バスマティ」がインドやパキスタン「ジャスミン」がタイやカンボジアです。写真はパキスタン産のバスマティと、タイ産のジャスミンです。

 

 

バスマティとジャスミン

形状は、「バスマティ」がより細長く尖っていて、「ジャスミン」は端が丸みを帯びていて少し透明です。食感や香りは、「バスマティ」が粘り気が少なくパラパラしていて、ナッツのような香りです。一方で、「ジャスミン」はしっとり柔らかくバスマティに比べて粒同士がくっつきやすいのが特徴で、甘いポップコーンのような香りがします。

 

 

お米の炊き方

バスマティライス ジャスミンライス

「バスマティライス」や「ジャスミンライス」などのインディカ米は、「湯取り法」と呼ばれる、たっぷりのお湯で茹でた後、お湯を捨ててしばらく蒸らすという方法が一般的です。ですが炊飯器でも炊くことができるので、今回はその方法をご紹介します。

 

  1. お米をさっと水ですすぐ(研ぐ必要なし)
  2. ふんわり柔らかく仕上げたい人は30分吸水
  3. いつもの水量で炊飯
  4. 炊けたら5分ほど蒸らす
  • 柔らかめに仕上げたい人は、玄米の目盛りに合わせた水量でも可
  • パラパラ固めに仕上げたい人は、早炊きが○

 

 

おまけ:美味しいタイカレー缶詰め

タイカレー缶詰

今回はおまけに、ジャスミンライスとの相性も良い「タイカレー」の美味しい缶詰めを紹介します。こちらは世界70か国でタイ料理関連商品を展開する「Thai Agri Foods」の「Aroy-D」シリーズ。お手軽に本格的なタイカレーを味わうことができます。

 

 

グリーンカレー調理例

こちらはグリーンカレーの調理例。鶏肉など好きな具材を加えて、温めて食べるだけ。たけのこ等は入っているので、今回は鶏肉とピーマンだけ足しました。ココナッツの甘さの中に本格的なスパイスの味。香りのよいジャスミンライスとの相性も抜群です。

 

 

まとめ

「バスマティライス」と「ジャスミンライス」は、どちらも香り高いインディカ米です。世界中で愛されるこれらのお米は炊くのも簡単。それぞれの特徴を生かしながら、ぜひ様々な国の料理にトライしてみて下さい。

 

 

*合わせて読みたい食べ物の違いシリーズ

ブログランキングに参加してます。

バスマティライスが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ