Mamemiso diary

ターニップグリーン(Turnip Green・かぶの葉)の特徴と食べ方 | アメリカで野菜を美味しく【写真あり】

アイキャッチ画像

ターニップグリーン(Turnip Greens)は、日本語で「かぶの葉」。アメリカでは他の葉野菜と共にスーパーで見かける食材です。その特徴や食べ方について紹介します。

 

 

 

ターニップグリーン(Turnip Green)とは

ターニップグリーン

ターニップグリーン(Turnip Green)、つまり「かぶの葉」は、写真のような葉の束だけでアメリカのスーパーに並んでいます。

 

 

スーパーの様子

お店では一年中販売されていますが、ターニップグリーンの旬は秋から冬です。特にアメリカ南東部ではよく使われる食材です。

 

 

葉っぱの様子

味はマスタードグリーン(からし菜)に似た、少し辛みのあるような風味です。また、ターニップグリーンとして売られている場合、葉を食べるように改良された品種なので、日本でイメージするかぶの葉にある、シャキシャキとした茎の部分はあまりありません。

 

 

スープや炒め物に良い

刻んだターニップグリーン

ターニップグリーンは生でも食べることができますが、繊維質な場合もあり、加熱すればより柔らかく美味しくいただけます。アメリカ南東部ではマスタードグリーンや、コラードグリーンのような葉野菜と同様に、炒め物や蒸し煮などの料理で活躍します。

 

 

炒め物

ベーコンやハムと相性が良いとされるターニップグリーン。今回は、細かく刻み、ハムや玉ねぎと共に炒め煮のようにしました。加熱すると葉がやわらかく、茎はシャキっと歯ごたえも良く、美味しくいただけました。ごちそうさまでした。

 

 

まとめ

ターニップグリーン(Turnip Green)は、かぶの葉ですが、アメリカでは葉を食べるよう改良された品種もあり、葉の部分が多めです。少し辛みのある風味も、加熱することでより美味しくいただけます。似た食材として、マスタードグリーンやコラードグリーンも下記で紹介しています。

 

*合わせて読みたいアメリカの野菜シリーズ

ブログランキングに参加してます。

ターニップグリーンが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ