アメリカ初心者まめみそ日記

アメリカ生活初心者のトライ&レビュー「めざせ1日1豆知識」

ドラマ Just Add Magic【まほうのレシピ】で英語学習(s1e5)

  フルーツケーキの写真

こんにちは。まめみそです。

 

ドラマで英語学習、第5回目。

Amazonプライムビデオで観られる、アメリカの子ども向けドラマ「Just Add Magic(邦題:まほうのレシピ)」に出てくる英語表現から、気になるものをピックアップしてみました。

 

このドラマの良いところは

① Amazon Japanはもちろん、Amazon USAでも日本語字幕あり

② 子ども向けなので、英語が難しくない

③ 1エピソード約25分と短時間

今回はシーズン1のエピソード5(s1e5)から、気になった英語表現を備忘録としてまとめます。

 

 

Just Add Magic (ep.5) "Just Add Jake"あらすじ

    自然の中のミルク

Just Add Magic (まほうのレシピ)の主人公は、仲良し3人組の少女ケリー、ハンナ、ダービー。

 

シーズン1では、屋根裏部屋で見つけた「魔法の料理本」を使って、ある日突然話せなくなったケリーのおばあちゃんにかけられた魔法を解こうと、3人が奮闘します。そこで活躍するのが、魔法の材料とレシピを使ったお菓子や料理です。

 

エピソード5Just Add Jake(邦題:注目されるオルチャータ)」では、カフェオーナーのママPに奪われた魔法の料理本を取り返すため、アルバイトのジェイクに魔法を信じてもらおうと奮闘する3人。しかし空回りした魔法でハンナのスピーチを邪魔するなどアクシデントが続出・・・

 

【Amazon Prime Videoリンク】

Amazon.com: Watch Just Add Magic - Season 101 | Prime Video

Amazon.co.jp: まほうのレシピ シーズン101を観る | Prime Video

 

気になる英語表現

今回は6個の表現をピックアップしました。

 

I get stage fright ordering my lunch (2'36")

訳:「ランチの注文は緊張するよ」

 

音楽クラブのために、新しいピアノを買ってもらうべくスピーチをすることになったハンナ。あがり症のハンナは、ランチの注文でさえ緊張するのに…と嘆いています。

「stage fright」は直訳すれば「ステージ恐怖」、つまり「get stage fright」「緊張する・あがる・気おくれする」という意味になります。

 

Never mind (3'01")

訳:「なんでもない」「気にしないで」

 

ハンナは音楽クラブ代表として、ロボットクラブとディベート対決をすることに。しかしロボット好きなダービーが、ついロボットクラブの肩を持つ発言をしかけた時、ケリーに睨まれて一言。

「Never mind」を使う場面は多様です。今回はダービーの言い方に注目すると、「N~~~Never mind」「あ~なんでもないよ」のニュアンスがよく伝わってきます。

 

by any chance (3'50")

訳:「ひょっとして」「もしかして」

 

魔法の料理本を盗んだ犯人を捜す3人。料理本の隠し場所を知っているジェイクに、さぐりを入れるときに一言。 

例えばこんな使い方。「By any chance, are you Korean?」(まめみそはよく韓国人に間違えられます。)

 

It's fate ! (6'05")

訳:「運命だ」「宿命だ」

 

手元に残された魔法の料理本の切れ端のレシピを、試すかどうか迷っていたとき、必要な材料を偶然持っていることに気づいた時に一言。 運命だ(試すしかない!)

 

「運命」といえば「fate」の他に「distiny」が思い浮かびますが、ニュアンスがすこし異なります。「distiny」は「ポジティブな運命、成り行きで未来に起こる良い出来事」を表し、「fate」は「死などネガティブな運命で、絶対に不可避な悪い出来事」を表します。

まめ知識:同じ「運命」でも、 distiny はポジティブ、fate はネガティブ

 

I'm doomed (10'07")

訳:「運が尽きた」「オワッタ」

 

ディベート大会で、かっこよすぎるロボット部の演説を聞いたハンナが絶望の一言。 

「doom」も名詞で「運命」を表し、「fate」と同じく「悪い運命・悲運」を表します。さらに動詞で「運命づける」なので、「I'm doomed」を直訳すると「(悲運が)運命づけられた」つまり「運(幸運)が尽きた」と訳されます。

 

It's really annoying (18'04")

訳:「本当にイラつく、うるさい」

 

 魔法のせいで、話し言葉が全てミュージカルのような歌声になってしまったハンナ。それにイラついたダービーが一言。

カジュアルに訳せば「マジでウザい」ですね。(笑)

 

さいごに

 

エピソード5では、偶然にも「運命」に関する単語が連発し、勉強になりました。ストーリーも、魔法のレシピが3連発で面白い回です。実際に使う場面や言い方を知ると、テキストを読むだけ以上に日常生活へ適用させやすいなと感じます。

次回もお楽しみに!

 

まめみそ

 

*Just Add Magicの英語学習シリーズ*

 

ブログランキングに参加してます。

魔法のオルチャータで歌い続けてみたい方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ