Mamemiso diary

セントパトリックスデー St. Patrick's Dayとは | アメリカの様子

アイキャッチ画像

3月17日はセントパトリックスデー(St. Patrick's Day)、聖パトリックの祝日として緑色のアイテムが続々と販売されます。そんなアメリカのセントパトリックスデーの様子を紹介します。

 

セントパトリックスデーとは

クローバー

セントパトリックスデー(St. Patrick's Day、聖パトリックの祝日)とは、元々アイルランドの祝祭日です。アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日3月17日が、カトリックの祭日となりました。

 

お祝いのイメージ

この日は、アイルランドの国花であるシャムロック(クローバー)や緑色の物を身につけてお祝いします。また3月17日直前の週末には、パレードや、緑色に着色したラガービールを楽しむイベントなどが各地で開催されます。シカゴ川が緑色に染まる風景も有名です。

 

アメリカの日常で見るセントパトリックスデー

アメリカのスーパーなどでは、バレンタインが終わると商品がセントパトリックスデーのものに切り替わります。街中で見つけたセントパトリックスデーに関するものについて、写真11枚で紹介していきます。

 

マイケルズの商品

手芸や手作りの趣味用のグッズを多く取り揃えている「Michaels」シャムロックモチーフの飾り付けグッズが並びます。

 

セールの棚

当日3日前の時点で棚はガラガラ40%オフセールも始まっています。3月17日を過ぎるとさらに70%オフになったりします。

 

メッセージカード

日用品から食料品まで揃うスーパー「Target」では、専用のメッセージカードの棚がありました。

 

シール

カードの他にもシールやステッカーなども販売されています。

 

ダラーツリーの棚

こちらはアメリカの100円ショップにあたる「Dollar Tree」帽子やネクタイやカチューシャなど、着飾るための緑グッズが多くありました。

 

Tシャツ

こちらは大手スーパー「Walmart」緑色のTシャツがたくさん売られています。

 

着飾るグッズ

こちらも帽子やスカーフなど身につけるための緑色グッズが大量にありました。

 

緑色のかつら

身につけるアイテムとしてド派手なウィッグもありました。アメリカンですね。

 

クッキー

そして季節イベントの定番、原色アイシングのほどこされたクッキーも大量生産。

 

クローバーのクッキー

シャムロック(クローバー)形のクッキーも大量です。

 

グリーンビール

イベントなどに行けば、緑色のシロップで色付けしたラガービール「グリーンビール」を楽しむこともできます。味は普通のラガービールです。

 

まとめ

セントパトリックスデー(聖パトリックの祝日)は、カトリックの祭日ですが、実際には緑色のグッズを身にまとい楽しむイベントとなっていました。バレンタインの次はセントパトリック、そしてその次はイースターです。イベントと共に季節の移り変わりを感じられるのもアメリカらしさだと思います。

 

*他にもアメリカの文化にまつわる話*

ブログランキングに参加してます。

セントパトリックスデーが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ