Mamemiso diary

月に1度の大規模アンティークマーケット | Lakewood 400 ANTIQUES MARKET in GA

アイキャッチ画像

アメリカのアンティークマーケット(骨董品市場)トップ10のひとつと呼ばれる「LAKEWOOD 400 ANTIQUE MARKET」を探索してきた様子を紹介します。

 

アンティークマーケットLAKEWOOD 400とは

マーケットの倉庫

「LAKEWOOD 400 ANTIQUES MARKET」は、ジョージア州Cummingで月に1度(第3週末に)開催されている、大規模アンティークマーケット(骨董品市場)です。アメリカのアンティークマーケットトップ10のひとつにも数えられているそうです。

 

入場料

  • $3(現金飲み)
  • 12歳以下は無料

 詳しい情報は公式ホームページをご確認下さい。

 

マーケットの様子

今回はアメリカ骨董品市場のディープな世界のごく一部を写真14枚と共に紹介します。

 

外の様子

マーケットは巨大な倉庫の中がメインですが、外にも複数のテントが並びます。

 

 

外の様子

とにかく商品は多種多様。映画のポスターからただの空き瓶までところ狭しと並びます。

 

 

古いカメラ

倉庫の中には小さなブースが隙間なく連なっています。こちらは古いカメラのコレクション。

 

 

本の棚

こちらは本の棚。他にもレコードなどが大量に陳列されていました。

 

 

家具

小物だけでなく、大物家具も置いてあります。中には手作りの木製家具を扱っているブースもありました。

 

 

洋服

古着の取り扱いもありました。ジュエリーなども大量で、中には掘り出し物が眠っていそうです。

 

 

使い古したランタン

こちらは年季の入ったランタン。味のある品々が並びます。

 

 

スキレット

こちらはスキレット専用ブース。プレミア物が眠っているかもしれません。

 

 

古いミニカー

こちらはレトロなミニカーたち。各ブースの個性が色濃いです。

 

 

おもちゃ

おもちゃブースも多く充実していました。どんな些細なものでも商品になりそうです。

 

 

置物

謎の置物なども多く、アメリカンなものだけでなく世界中の品が集まっていました。

 

 

食器の棚

食器を取り扱っているブースも多数ありました。セット販売も多かったです。

 

 

アンティーク食器

こちらもアンティーク食器がごろごろ。日本では高額で取り扱われるものも、安価に出回っていたりします。

 

 

アンティーク食器の棚

とにかく上から下まで埋め尽くされた品々。宝探しのような楽しさがあります。

 

まとめ

「Lakewood 400」は大規模なアンティークマーケットでした。骨董品に詳しくない方でも、見るだけでその多様さを楽しむことができます。とにかく数が多く、毎月商品が入れ替わるので、驚きの掘り出し物に巡り合えるかもしれません。ご興味のある方は、ぜひ一度トライしてみて下さい。

 

*他にもアメリカのお出かけレポート*

ブログランキングに参加してます。

アンティーク市場が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ