Mamemiso diary

ジョージア州おすすめキャンプ場 Skidaway Island State Parkで南国風の森にとけこむ【 アメリカキャンプレビュー】

アイキャッチ画像

アメリカのジョージア州大西洋側にある「Skidaway Island State Partk」でキャンプをしました。オークやスパニッシュモスなど、南国風の植物に囲まれた環境でのキャンプについて紹介します。

Skidaway Island State Parkとは

Skidaway Island State Park(スキダウェイ島州立公園)とは、アメリカジョージア州の大西洋側、観光地であるSavannah(サバンナ)から車で20分ほどの位置にあるジョージア州立公園です。キャンプやトレイル散策を楽しむことができます。

 

 

公園の看板

このパークの特徴は、オークやスパニッシュモス(サルオガセモドキ)など、暖かい地域固有の植物達に囲まれた自然豊かな環境です。また野生動物もいて、湿原を通り抜けるトレイルなど、この地域特有の自然を満喫することができます。詳細は公式ホームページへどうぞ。

 

キャンプサイトの様子

向かうまでの道路

パーク入口に向かう道の途中が既に森の中。木からぶら下がるスパニッシュモス(サルオガセモドキ)が南国の森を演出してくれます。

 

 

キャンプサイトの様子

キャンプサイトの周りも比較的木が多いです。地面は砂と細かい砂利なのでテントは立てやすいです。

 

 

電気と水道

今回宿泊したのはRV用サイトなので、電気と水道が付いています。また下水道(地面の丸い蓋)もキャンプサイトについているタイプでした。

 

 

トイレとシャワー

トイレとシャワーは男女共同。珍しい気がします。1部屋に1個付いているタイプでした。鍵はしっかりかかります。

 

 

トイレ シャワー

トイレとシャワーは比較的きれいです。空間が広く、シャワーはトイレの壁越しに。

 

 

朝の森

ヤシの木のような植物があるのも南国風。夏、太陽が昇っている間はかなり蒸し暑いので、暑さ対策は万全にした方が良いです。

 

 

野生のアライグマ

野生動物もたくさんいます。こちらはアライグマ。ゴミ袋はあさられてしまうので、就寝する時には置き場所に気を付けた方が良いです。(キャンプ場内にゴミ箱コンテナもあります。)

 

トレイルを探検

トレイルの看板

パーク内にはトレイルがあります。こちらは手つかずの塩性湿地を通り抜ける自然の中の遊歩道です。塩性湿地(salt marsh)とは、海の近くにある湿地で、潮の干満の影響を受け、その水には海水も含まれています。

 

 

干潮の湿地

訪れた時は干潮のタイミング。心配になるほど干上がっていましたが、それでもよく見ると小さなカニがわんさか居ました。

 

 

ちょっと怖い木

所々橋を渡りながらコースを進んでいきます。こちらもなんだか物語に出てきそうな樹木。

 

 

大きな森

この日の日向はかなり暑く、水分補給は必須でした。暑さ対策をおすすめします。

 

 

スパニッシュモス

やはりスパニッシュモス(サルオガセモドキ)が圧巻です。樹木に垂れ下がって生息し、北米南部から南米にかけて分布する植物です。

 

 

おまけ

塩性湿地

キャンプ場周辺の道には、このようにどこまでも続く塩性湿原が見られます。まるで日本の田んぼのように、青々とした葉と凪いだ水面がほっとさせてくれる風景です。

 

 

タイビー島

またキャンプ場から車で1時間かからずに、「Tybee Island(タイビー島)」のビーチに行けるので、暑いときはここで海水浴を楽しむのもありです。

 

 

まとめ

「Skidaway Island State Park」はジョージア州サバンナの近くにある、南国の自然が満喫できる州立公園でした。夏には暑さ対策をして、森の中にとけこむようなキャンプを体験してみるのはいかがでしょうか。

 

*合わせて読みたいアメリカキャンプレビュー

ブログランキングに参加してます。

南国キャンプが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ