Mamemiso diary

アメリカで簡単にワイパー交換 | Walmartでワイパー購入

アイキャッチ画像

アメリカでワイパーを交換したい場合、ディーラーに行かずとも大手スーパーWalmartで購入して簡単に直すことができます。その様子を写真と共に紹介します。

 

ワイパーの選び方(Walmartにて)

ワイパー売り場

こちらは大手スーパーWalmartのワイパー売り場の様子。各種勢ぞろいしています。アメリカではワイパーを交換する場合、ゴムを交換するより、本体(ブレード)を丸ごと交換するのがメジャーなようです。

 

 

ワイパーの種類検索

自分の車に合ったワイパーの種類が分からないという場合も、売り場で簡単に確認することができます。各種メーカー、各年代、運転席側助手席側の、対応商品リストが売り場に設置されています。また、こちらのバーコードをスマホでスキャンすれば、簡単に調べることができます。

 

実際に交換してみた

壊れたワイパー

こちらが壊れたワイパー。見事にゴムがちぎれて、垂れ下がっています。これを本体(ブレード)ごと交換していきます。

 

 

購入したワイパー

こちらが購入したワイパー。Walmartの売り場にあった対応リストを参考に買いました。「rain-x」はワイパーやガラスクリーナー等を取り扱う、1972年創業のアメリカの車用品メーカーです。rain-xのホームページでも、ワイパーサイズを確認できます。

 

 

説明書

ワイパーには説明書も同封されています。方法が何パターンかありますが、自分の車に合ったタイプを見ながらやってみます。私の場合、この説明書だけで取り付けできました。不安な方は、YouTubeなどの動画もあるようなので参考にしてみて下さい。

 

 

古いワイパー

まずは古いワイパーを持ち上げて、ブレードを引き抜きます

 

 

根元の部分

この車の場合、引き抜くと、先がU字フックのような形になっています。ここに新しいワイパーブレードをはめます。

 

 

新しいワイパー

パチンとはまれば完了です。あっという間に交換することが出来ました。

 

 

まとめ

アメリカでワイパーを交換する場合、本体(ブレード)ごと交換するのがメジャーです。Walmartに限らず、ワイパー売り場にはサイズ検索表が置いてあることが多いので、困った場合には参考にしてみてください。

 

 

*他にもアメリカの車の話*

ブログランキングに参加してます。

ワイパー交換が参考になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ