Mamemiso diary

青く透んだ感動の泉 Gilchrist Blue Springs State Park | フロリダ観光おすすめ【アメリカキャンプレビュー】

アイキャッチ画像

アメリカのフロリダ州北部にある「Gilchrist Blue Springs State Park」は、天然の青く澄んだ泉を満喫することができる州立公園です。このパークの魅力やキャンプ場の様子について写真と共に紹介します。

 

Gilchrist Blue Springs State Park

「Gilchrist Blue Springs State Park」は、フロリダ州北部のサンタフェ川(Santa Fe River)沿いに位置します。2017年に私有地から州立公園になった比較的新しいパークです。

 

営業時間や入場料など

入口の看板

このパークの基本情報は以下の通り。情報は変わる場合がありますので、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

  • 営業時間 : 午前8時~日没まで
  • 入場料  : 乗り物1台あたり$4~$6(大きさによる)
  • 施設   : 売店、トイレ&シャワー、カヌーレンタルあり
  • キャンプサイト : RV用(電気水道あり)18か所、テント用7か所

 

 

パークの見どころまとめ

フロリダの自然を大満喫できるパークの魅力を、3つにまとめて写真と共に紹介します。

天然の青い泉 Gilchrist Blue

泉の様子

こちらがメインの天然泉。美しい青のグラデーションが目を惹きます。手前は子どもも安心して遊べる浅瀬。奥の濃い青の部分はとても深く、ここから毎日平均4400万ガロン(約16万トン)の水が湧き出ています。

 

 

透明な水

水の透明度が非常に高く、泳ぐ魚も遠くから確認でき、まるで魚が宙に浮いているように見えます。(写真の中にも泳ぐ魚が。)

 

 

supの様子 supからの眺め

人の少ない早朝は特に美しいです。SUPでの旅も、シュノーケルで水中の風景を楽しむのも、感動するのでおすすめです。

 

 

レンタルカヌー ワニ注意

カヌーはレンタルすることもできます。泉からサンタフェ川まで出るにはカヌーやSUPなど乗り物に乗る必要があります。ワニ注意の看板は、このあたりの泉や川では定番です。

 

 

泉からサンタフェ川までを冒険

泉の奥

カヌーやSUPなどで泉の奥へ進むと、浅い泉がサンタフェ川まで続いています。透明な水、水中で揺れる水草や魚、自然のせせらぎの音を聴きながらリラックスできます。

 

 

サンタフェ川への合流地点 サンタフェ川

ブイを超えてサンタフェ川へ合流すると、水の色は一変。ブラックウォーターリバー(Blackwater river)と呼ばれる、アマゾンやアメリカ南部で見られる紅茶のような色の川になります。

 

 

サンタフェ川

サンタフェ川は黒くゆったり流れる穏やかな川です。水をよく見れば紅茶色に透き通っていて魚も見えます。両脇は森になっていて、コンドルなどの鳥や、トンボなどの昆虫も見られます。

 

 

カメ ワニ

サンタフェ川を進んでいると、日向ぼっこをするカメをよく見ます。今回は木の間に潜むワニにも遭遇しました。(左写真の○印がワニの顔。)川下りしている人から「向こうにワニが居たよ!」なんて教えてもらえるのも楽しいところです。

 

 

川下りの休憩 小さなスプリング

川下りの途中には、河岸の浅瀬で休憩することもできます。川沿いには時々泉も出現します。そんな泉をめぐりながら進むのも面白いです。

 

 

フロリダの森を満喫するトレッキング

トレッキングコースの景色

パーク内には、森を抜けるトレッキングコースもあります。森の中にも泉があり、木々に囲まれた秘境のような雰囲気を楽しむことができます。

 

 

大きなbald cypress

フロリダや水辺特有の植生を見られるところもポイントです。こちらはアメリカ南東原産のラクウショウ、通称 bald cypress(日本ではヌマスギ)。大木を囲むたくさんの飛び出した根が特徴的です。色々な発見をしながらのトレッキングは刺激的です。

 

キャンプ場の様子

泉の周りの様子

キャンプ場はメインの天然泉「Blue Springs」徒歩で向かえる位置にあります。地面はほぼ白い砂に覆われています。日帰りの人向けに、いくつかの東屋やベンチ、テントを張れる芝生ゾーンもあります。

 

 

動物注意

周りには森もあり、シカ、アライグマ、ブタ、カメなど、野生の生き物も多く見かけます。特にアライグマはパンなどの食糧を狙ってくるので、寝るときやテントを離れる際には注意が必要です。

 

 

シャワールーム トイレの様子

公園内にはシャワー、トイレ、脱衣所があります。手洗い場には電源もあるのでドライヤーが使えます。昼間はかなり大勢の人が利用するので、結構汚れます。

 

注意するべきポイント

水を大切に使おうの表示 シャワールーム

実際に利用してみて、いくつか注意点や残念ポイントがあったのでシェアします。

1.電波が無い

  連絡がとれなくなります。町まで出ないと繋がりません。

2.シャワーとトイレがいまいち

  毎朝清掃されますが、砂が多く汚れがち。

3.シャワーのお湯が出ない

  滞在中1度5分だけお湯が出た以外はずっと水。

4.日中は混む

  ハイシーズンにはオープン1時間前から車の行列が。

  人数が多い場合、入場制限がかかり入口が封鎖される。

日中はたくさんの人が泉で遊ぶため、砂が舞い上がり泉が若干濁ります。朝一番が最も透き通った青い泉を見ることが出来ました。

 

まとめ

「Gilchrist Blue Springs State Park」は天然の青く澄んだ泉や、フロリダの大自然を満喫できる感動のスポットです。見どころが多く、長編のアメリカキャンプレビューとなりました。フロリダに行く際にはぜひ寄ってみてほしい場所です。

 

*合わせて読みたいアメリカキャンプレビュー

ブログランキングに参加してます。

青い泉が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ