Mamemiso diary

6月はPride Month(プライド月間)| LGBTQ+の権利に光を当てる期間

アイキャッチ画像

6月は「Pride Month(プライド月間)」として知られています。これはLGBTQ+の権利、性の多様性について考える期間です。この時期、アメリカではテーマカラーのグッズも店頭に並びます。今回は、そんな「Pride Month」とは?について紹介します。

 

 

 

 

Pride Monthとは?

レインボーフラッグを身につけた女性

毎年6月は「Pride Month(プライド月間)」として知られています。この期間中はアメリカをはじめ世界各国で、LGBTQ+(Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, Queer (Questioning))の権利を啓発するイベントが開催されます。

 

 

Pride Monthの由来

LGBTQ+と拳のイメージ

どうして「Pride Month(プライド月間)」は始まったのでしょうか。その起源は、今から50年以上前の1969年に起こった「ストーン・ウォールの反乱(Stonewall riots)」にあります。6月28日未明、ニューヨーク市マンハッタンにあるゲイバー「ストーンウォール・イン(Stonewall Inn)」に、警察の理不尽な襲撃があり、それに抵抗した客たちの行動が暴動にまで発展しました。この事件が、その後のゲイ解放運動を盛り上げるきっかけとなりました。

 

 

プライド・パレードのイメージ

その翌年、事件を記念してプライド・パレードがニューヨークなどで初めて開催されました。そしてこの「プライド・パレード(Pride Parade)」は、性の多様性を考えるイベントとして、世界中に広まっています。

 

 

シンボルはレインボーフラッグ

青空とレインボーフラッグのイメージ

LGBTQ+プライドのシンボルとして使われるのがレインボーフラッグ(虹色の旗)です。このレインボーフラッグを初めてデザインしたのは、ゲイでアーティストの「ギルバート・ベイカー(Gilbert Baker)」です。1978年にサンフランシスコのパレードで初めて使用された際は、全8色のレインボーでしたが、みんなで使えるように大量生産を検討した結果、現在の6色のレインボー(赤、橙、黄、緑、青、紫)になりました。

 

 

イベントやレインボーグッズで彩られるアメリカ

プライド・パレードのイメージ

6月には、LGBTQ+プライドに関する様々なイベントやパレードがアメリカ各地で開催されます。ニューヨークで行われる「NYC PRIDE」は特に大きなイベントです。

 

 

お店に並べられたレインボーグッズ

さらに、スーパーなどの小売店では、レインボー柄の商品の取り扱いが増え、身近な所からも「プライド月間」を感じられるようになっています。

 

まとめ

「Pride Month(プライド月間)」とは、毎年6月にLGBTQ+の権利や、性の多様性について考える期間です。アメリカだけでなく世界的に広がるこの活動について、レインボーフラッグと共に思いを寄せてみるのも良いかもしれません。

 

*合わせて読みたいアメリカ文化の記事*

ブログランキングに参加してます。

プライド月間が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ