Mamemiso diary

アメリカの柔軟剤シートで洗濯物のシワ予防

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。アメリカでは洗濯機と乾燥機はセットの存在。でも洗濯物のシワが気になるのが難点でした。そこでシワ予防にも効果的な「乾燥機用の柔軟剤シート」を使ってみたので、写真付きでレポートします。

【参考】 洗濯機の使い方乾燥機の使い方

 

柔軟剤シートとは

白いシャツが並んだ写真

「柔軟剤シート」は、液体の柔軟剤とは違い、「乾燥機」を使用する時に使うシートタイプ(不織布)の柔軟剤です。「ドライヤーシート(dryer sheets)」とも呼ばれます。乾燥する時に使うことで、シワを防いで服をふんわり仕上げてくれる効果があります。 

種類は色々ありますが、今回は「bounce」の柔軟剤シート(ドライヤーシート)を使ってみました。

 

bounce の柔軟剤シート

bounceの柔軟剤シートの箱

現在我が家で使っているのが「bounce」柔軟剤シートです。こちら「P&G」グループのひとつ。1箱160枚入り、2箱パックを買いました。

 

特徴

この柔軟剤シート(ドライシート)の特徴は3つ

・シワを減らす  (Reduce Wrinkles)

・静電気を軽減する  (Stop Static)

・衣服を柔らかく仕上げる (Soften Clothes)

 

これはアウトドアフレッシュ(Outdoor Fresh)の香り。かいでみると、箱の外からでも「石鹸の香り」のような匂いを感じます。他にも種類があり、「bounce Free and Gentle」は無香料で敏感肌向き、「bounce Sport」は悪臭抑制効果も期待できます。

詳細はbounceのホームページへ ☞https://www.bouncefresh.com/en-us/bounce-benefits

 

使い方

bounceの使い方の書かれた箱

使い方は、乾燥機を回す前に、洗濯物の上にシートを置くだけ

 

使うシートの枚数は、普通の量なら「シート1枚」、多めの洗濯物なら「シート2枚」と説明書きがあります。こちらの動画で分かりやすく説明されていました。

    www.youtube.com

 

実際に使ってみた

   柔軟剤シートを開封した様子

箱を空けると、1枚ずつ取り出せるようになったシートが詰まっています。

 

   柔軟剤シート写真

柔軟剤シートは、このような薄い不織布です。表面は柔軟剤成分でつるつるしています。

 

   使用後の柔軟剤シート

使用後は、くちゃくちゃになって出てきます。まだ強い香りが残っているので「再利用できるのでは?」と感じましたが、柔軟剤成分は初回でほぼ分散されてしまうので、毎回新しいシートを使う必要があります。

 

シワ予防の効果

   柔軟剤シート有無の比較写真

柔軟剤シートの有無で比較しました。どちらも綿100%のTシャツなのですが、色が違いすぎて、一見比較になっておらず。(ごめんなさい。)そこで、なるべくシワの多い部分を接写しました。

 

    柔軟剤シート未使用のTシャツ

柔軟剤シートを使用しなかったTシャツのシワがこちら。細かいシワがいっぱい。一応これでも、乾燥機に入れる前にパンパン軽くシワ伸ばししています。

 

    柔軟剤シートを使用したTシャツ

柔軟剤シートを使用したTシャツのシワがこちら。未使用時に比べて、シワが軽減したようです。(ホコリがはずかしい)結果、シワ0にはなりませんでした。(シートの枚数が不足していた可能性はあり。)生地のふわふわ感香りも、こちらの方が強かったです。

 

まとめ

乾燥機を使用する際に、柔軟剤シートを使えば「シワが軽減」されることが分かりました。シートの使い方は、ただ入れるだけで本当に簡単です。アメリカ式洗濯機でかなりねじれた洗濯物は、乾燥前のシワ伸ばしがある程度有効だなと感じています。そして、シワ0にはなりませんでしたが、アイロンの手間は軽減しました。ぜひご参考にしてみて下さい。

 

*アメリカの洗濯機and乾燥機について*

 

 

ブログランキングに参加してます。

柔軟剤シートが気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ