Mamemiso diary

アメリカのガソリンスタンドでの給油方法(写真あり)

アイキャッチ画像

こんにちは。まめみそです。アメリカでは、セルフのガソリンスタンドがほとんどです。今回は「QuikTrip」というガソリンスタンド(Gas station)で給油したときの給油方法についてレポートしてみます。

 

QuikTripというガソリンスタンド

      ガソリンスタンドQTの看板

今回、立ち寄ったのは「QuikTrip」というガソリンスタンドです。この赤に白抜きの「QT」の文字が目印。この「QuikTrip Corporation」は1958年に設立され、アメリカ11の州800以上の店舗があります。

このお店は、オクラホマ州(Oklahoma)出身の創設者が、セブンイレブンにあこがれて地元にコンビニを作ったのが始まりです。1971年からガソリンスタンドも併設するようになったということで、「QuikTrip」はコンビニが充実しています。コンビニの様子のレポート記事はこちら

【参考】QuikTripホームページ☞ QuikTrip Corporation > Home

 

給油方法

アメリカのガソリンスタンド

給油方法は基本的には日本と同じです。給油の基本は3ステップ。

  1. お支払方法選択
  2. ガソリンの種類選択
  3. 給油

 以下、写真付きで解説していきます。

 

 

ガソリンスタンドの中

まずは、空いているレーンに駐車してエンジンを切ります。このガソリンスタンドは10レーンもありました。

 

 ガソリンスタンドのマシーン

こちらが給油マシーンの様子。いたってシンプル。

 

           ガソリンスタンドマシーンのパネル

はじめに、支払うカード(クレジットカード)をスキャンします。画面には「Swipe Payment Card Or Prepay Cashier」と表示されています。

 

       f:id:mamemisodiary:20200704073406j:plain

クレジットカードを挿入すると、「ZIP CODE」の入力(アメリカの郵便番号5桁)を求められます。そこで、数字のボタン×5桁 → ENTERボタンを押します。日本のクレジットカード現金で支払いたい場合は、併設のコンビニの店員さんに声をかけに行きます。

 

      ガソリン種類指定ボタン

ZIP CODEの入力が完了して、クレジットカードを抜いたら、次にガソリンの種類を選びます。(種類についてはのちほど説明) 今回はレギュラーガソリンを入れたいので、青色の「Unleaded」のボタンを押します。

 

            レギュラーガソリンのボタン

こちらは、他のガソリンスタンドのボタンの写真ですが、「Unleaded」ではなく「Regular」(レギュラー)と書いてある場合もあります。

 

      給油中の様子

ガソリンの種類を選択したら、ノズルを給油口に差し込み、給油開始。ずっと自分でにぎっていなくても、引き金にロックがかかります。好きな給油量でロックを解除する、もしくは満タンになればカチッと勝手に給油は止まります。これで給油完了です。

 

     給油の量の画面

給油中は、モニターの数字が増えて行きます。上の段が金額($40.0)で、下の段が給油量(18.788ガロン)です。ちなみに1ガロンは約3.8リットル。ややこしいアメリカの体積単位についてはこちらの記事をどうぞ。

 

       ガソリンスタンドマシーンのレシート受け取り

最後に、レシートの有無が画面に表示されるので、レシートが欲しい場合は、「OK」ボタンを押します。そしてレシートが出てきたら、受け取って終了です。

 

          洗車用モップ

ちょっとした洗車用のモップや、紙タオルが置いてありました。(近くにはごみ箱も。)モップの浸かっている水は黒くてちょっと臭いましたが(笑)給油中に簡単な洗車もできそうです。タイヤの空気圧を調べるマシーンも置いてある場合があります。

 

給油の手順まとめ

写真で説明した、細かい給油の手順をまとめてみました。

1.駐車してエンジンを切る

2.クレジットカードを挿入

3.ZIP CODE(郵便番号)を入力

4.クレジットカードを抜く

5.ガソリンの種類を選ぶ

6.給油する

7.レシートの有無を選択

 

日本でよく見る「静電気除去パット」をアメリカでは見たことがないので、静電気には注意した方が良さそうです。

 

アメリカのガソリンの種類

   ガソリン選択ボタン

 

日本のガソリンスタンドでは「レギュラー」「ハイオク」「軽油(ディーゼル)」という3種類を見かけましたが、アメリカではどうなのか。アメリカではオクタン価が数字で表されています

この写真の場合・・・

 レギュラーガソリンは「87」

「Regular」だけでなく「Unleaded」とも表示されます。

ハイオクガソリンは「89」

「Plus」とか「Super」と表示されます。

ハイオクよりも良いプレミアムガソリンは「93」

「Premiun」とか「Supereme」と表示されます。

 場所によってディーゼル(diesel)の選択肢もありますが、別レーンに分かれている場合も多いです。 

まめ知識:アメリカではガソリンのオクタン価を数字で表す。

 

ガソリンが安い

      ガソリン値段の看板

アメリカは日本よりガソリンが安いです。大きな看板にその日の値段が書いてあります。この日はレギュラーガソリンが、1ガロンあたり$1.879。1ガロンが約3.8リットルなので、1リットルあたり約53円。やすい!

 

ガロンがぴんとこないので、まとめた記事はこちら。

 

まとめ

アメリカのセルフのガソリンスタンドはクレジットカードがあれば楽ちんです。ガロンに見慣れていなかったときは、リットルと勘違いしてしまい、全然ガソリンが入らない!?と焦った時もありましたがすぐに慣れることが出来ました。ほとんどのガソリンスタンドにはコンビニが付いているので、運転中の休憩にはもってこいですね。

 

 

*合わせて読みたい、に関する記事* 

 

ブログランキングに参加してます。

アメリカのガソリン事情が気になった方、ポチポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ